ビールを一杯飲むと、英語が話せるようになるって?! | IU-Connect

ビールを一杯飲むと、英語が話せるようになるって?!

 

「ビールを一杯を飲んだら、もっと英語を話せるようになった!」

と僕の友達が言いました。

えっ、本当?

でも思い返してみたら嘘ではなかったのです。友達はお酒を飲むと、自然に英語が話せるようになっていました。

そこでお酒を飲むと、いつの間にか英語が話せるようになる人が多くいることに気がつきました。

お酒は「英語力のカギ」と言えるでしょう。

それはちょっと言い過ぎかもしれません。でもやっぱりお酒を飲むと、なんとなく英語がさらに話せるようになるのです。それは、なぜでしょうか?

自由に英語を話すのに障害となっているものは2つあります。

⒈ 英語を間違えてしまって、恥ずかしくなること

⒉ 英語が不自然で、相手に悪い印象を残してしまうのではないかと恐れること

しかしビールを一杯飲むと、その2つの障害を乗り越えることがた易くなるのです。

決して、英語を話す前にお酒を飲めっ!と言っているわけではないです。ただ、お酒のおかげで飲む前になかった能力がいきなり出てくるのです。それをいつでも、どこでも活かせば英語が楽しく、自然に話せるようになるのです。

英語力のカギは、、、

自信!

はい、そうです。お酒自体ではなく、自信を持つことが英語力のカギです。

自信を持つことによって、、、

新しいことをやってみたくなる

間違えるのが怖くなくなり、どんどん新しいこと挑戦します。そして失敗しても成功しても気にしなくなるのです。生きた英会話を本気でやってみないと、英語力がどうしても上達しないのです。

友達になりやすくなる

自信を持つことで、性格が明るく、楽しくなります。しかも声をかけるのが怖くなくなるのです。また人は自信を持っている人に惹かれます。ですから、多くの英語を話す人に会えて、コネクションを作るのがどんどん簡単になります。

続ける力になる

英語を話せるようになるには「決して諦めない!」という考え方が必要です。ネイティブスピーカーの僕でも毎日新しい英語を学んでいます。あなたの場合も、英語の旅はずっと終わらないのです。

自信を持つには

でもどうやったら自信を持てるかを考えたことはありますか?また後でさらに深く話しますが、まず以下のコツについて話しましょう。

「間違えていい!」と考え始める

前のコラムで、英語力を向上させるにはどんどん間違えなくてはいけないことを学びました。間違えれば間違えるほど、間違えることが怖くなくなるのです。

ネイティブの友達と練習する

ネイティブの知り合いがいたら、安心して英語を練習できます。”友達は無意識にあなたの英語を直してくれるし、あなたが変な英語を使ってしまっても気にするw必要がありません。。

優しく、細かく直してくれる人と練習する

ネイティブの友達がいても、必ずしも細かく直してくれるわけではないです。相手がちゃんと直してくれると、あなたは自然な英語を使えるようになっているのを感じ、さらに自分の英語に自信を持てるようになるのです。生きた英会話を楽しみながら優しく、細かく直してくれるネイティブと話し合いたい方はこちらをお勧めします。

あなたに聞きたいことがあります!

これから「英語を話す時の恐れ」を克服するために何をしたいですか?

以下のコメント欄でシェアしましょう!

アーサーより

Blog Comments

>でもどうやったら自信を持てるかを考えたことはありますか?また後でさらに深く話しますが、
どこに行ったらdetails見れますか?

Also in my situation, I’m afraid to make mistakes when I talk to new people for me even if I’ve already practiced speaking English with sweetheart native English speakers. It’s because I’m afraid of if they’re not nice to me making mistakes from bad experiences. How can I have confidence about my English?… I’m so freaked out to talk to others now even though I’m living in US..

Oh really?! Where in the US are you? 僕はただいまボストンにいます。

Don’t worry. Americans are known to be friendly, and they understand if you don’t speak English. You just have to try.

The only way to talk is to try.

実は、知らない外国人へ話しかける方法を教えるコラムがすでにあります。コラムをぜひ、ご覧ください。

一番簡単な方法ですね!
すぐ実行できます。

that’s right!

Hi, Arthur. when I drink a beer, I can surely speak more fluent English.
I’d like to think like this to have confidence. I’ve thought ” I have to speak English perfectly” for now. But I’ll try to think “I have to get a chance for new and interesting mistake”.

true, but if you make new mistakes, you will learn. so its ok!!

When you want to overcome a feeling of fear you have when you speak English, I think that it’s a good way to prepare some of your favorite topics in English for the conversation ahead of time. If you already know how to say about what you want to tell someone, you’ll definitely be able to be confident because you don’t have to worry about something like ‘how should I say this in English?’ or ‘does my English make sense?’. I’m pretty sure that the more you prepare, the less anxiety you have. I mean that you create your own lines by yourself and practice them until you pick them up. And then you can feel comfortable speaking English when you talk about stories you picked out. It’s just my personal opinion. What do you think, Arthur?

Hey Yuri,

I agree with you mostly! However, i think most people know enough basic grammar so that they can go into the situation.

Learning phrases ahead of time is useful, but I do it mainly to give people courage to go out and try it. The phrases I teach and what they will use will probably be different, but it gives them the step they need.

I glad to meet you !

im glad to meet you too!

Add a comment

*Please complete all fields correctly