IU-Connectの起源 | IU-Connect

IU-Connectの起源

IU-Connectの起源はシアトルのコーヒー屋さん

「アーサーこれってダサくない?」

コーヒーの香り、エスプレッソマシンの泣き声が頭の上を漂っていた。

2013年の夏、当時通っていたシアトルの大学近くコーヒー屋で、

アーサーとケンは開いたノートに向き合い座っていた。

目的は?

これから創る活動の名称を決めること。

アーサーが東京に留学する数週間前だった。

日本への留学は大学に入ってから以来の夢で、留学するためにシアトルでの仕事の内定を断った。

アーサーにはもっと大きな夢があったからだ。

毎年彼の通う大学には数百人の日本人が留学生としてやって来る。

しかし、残念ながらほとんどはあまり喋れるようにならず帰ってしまった。

もったいなすぎて、どうにかしたい。

問題の原因は英語や外国人に対する考え方にあると彼は気づいて、

新しい考え方を広めたいと思っていた。

それは、学習より行動、知識より心に重きを置いた考え方だ。

じゃあ、アーサー、こういうビジネス、活動ってなんと呼べばいいんだろう、、、

Ken 

さっぱりわかんないな(笑)。まあ人間関係が中心なんで、「なんちゃらコネクト」を入れたいな。

Arthur  

それちょっと幅広すぎない?

Ken 

そうだな。IT企業っぽいしね。

Arthur  

言語との関係が必要だから、、、

Ken 

言語コネクトは?

Arthur  

1時間経って30点のアイデアが並んだ。

そこで、アーサーの目が皿になった。

ひらめき

I got it!

Arthur  

Great! What is it?

Ken 

アーサーがこういうことを書いた:

言うコネクトだ!

Arthur  

イウコネクト??

Ken 

うん!かっこいいんじゃない?

Arthur  

アーサーがアメリカ人だからそう思うんだよ。この書き方ってダサくない?ローマ字にしようよ。

Ken 

そこでIU-Connect (ユーコネクト)が誕生した。

ユーコネクトの初期

当時、ユーコネクトが具体的にどんな形態になるかはよく分からなかった。確かだったのは、英語本来の目的に戻ること。英語を通して日本人の世界と交流できない、言語とマインドのカベを壊したかっただけ。

アーサーは、東京の留学生活も精一杯楽しみながら、家庭教師として活動を始めた。

そしてYouTube動画をアップし始めて、毎週水曜日に渋谷で英会話サークルをやっていた。

今のユーコネクトは生徒のユウコのおかげ

日本に来てアーサーの2人目の生徒のユウコ。30代前半、富山出身。

英語を勉強していたのはこんな理由。

ユウコさんの英語を勉強したい動機はなんですか?

Arthur

今の仕事で外国人のお客さんがいて、英語でスムーズに接したいんです。困っている外国人を見かけたら手助けもしたいです。

Yuko  

いいね!一緒に頑張りましょう!

Arthur

それから数ヶ月経って、道案内を勉強することになった。何回か道案内を勉強して、ユウコがスムーズにできるようになったのでアーサーが課題を出した。

次のレッスンになって、アーサーがワクワクしてユウコを待っていた。

アーサー:ユウコさん、こんにちは!課題はどうでしたか?

ユウコ:ごめんなさい。外国人を見かけたんですけど、話せなかったです。

ユウコさん、お疲れ様でした!次回までに渋谷駅とかで困っている外国人に声をかけて道案内しようね。

Arthur

あっ、、、はい(汗)

Yuko  

次のレッスンになって、アーサーがワクワクしてユウコを待っていた。

ユウコさん、こんにちは!課題はどうでしたか?

Arthur

ごめんなさい。外国人を見かけたんですけど、話せなかったです。

Yuko  

ユーコネクトの再誕生

ユウコだけの問題ではなかった。アーサーの他の生徒にも同じ問題があった。

レッスンの時は楽しく話せたが、現場で話すとなると何も話せずにいた。

これで、今のユーコネクトの方向性が決まった。

留学が終わる直前の2014年の秋に、アーサーはユーコネクトのグランドデザインを描き始めた。

実用的な英語を学ぶだけではなくて

日本人が英語を話せない実際の問題を解決する場にする。

  • 本当は、日本人は中学校や英会話コンテンツで英語を十分に学び理解している
  • それでも話せない原因は知識不足ではなくマインドの問題
  • マインドを変えれば、自分の行動が変わる
  • 自分の行動が変われば、自分の成果も変わる
  • あなたが英語をペラペラ話せるための必要な全ては、すでにあなたの中にある
  • 必要なのは英語の本来の目的に戻って、勇気を出して実際に使ってみることだけ

それからユーコネクトの形態、規模、コンテンツは大幅に変わったが、方向性は変わっていない。

英語の目的は単語を暗記するのではなく、相手と心を伝え合うこと。

人と交流すると自分の可能性が開花する。

英語をツールとして使って、世界の方々と積極的交流するコネクターになろう。

あなたもコネクターになりませんか?

コネクターとは、英語を本来の目的で使って、世界の方々と積極的に交流する方です。

ユーコネクトではこういう方を育てています。

あなたもユーコネクトに加わって、世界とつながりませんか?

まずは第一歩として、外国人と実際に話せるようになるカギをこちらの無料ガイドで学びましょう。

英語を学ぶのに

外国人と直面したら頭が真っ白になる!

という経験したことありませんか?

いざという時でも気軽に話せるように、ぜひこのガイドをゲットしましょう!

あなたがこのメソッドを実際に使えるかどうか知りたい?

このクイズで確かめよう