【オンラインマンツーマン】この2つの勘違いで、レッスンを受けても上達しない方が多いです。あなたもそうですか? | IU-Connect
11

【オンラインマンツーマン】この2つの勘違いで、レッスンを受けても上達しない方が多いです。あなたもそうですか?

 

「話せるようになるには、ネイティブと話すしかない」

こういうことを聞いたことがありませんか?

僕はこう思い込んで、日本人教師のマンツーマンレッスンを4年間受けました。4年間、つまり1460日間も受けたのです!

でもその結果は?基本的な会話でさえできませんでした。

マンツーマンレッスンを受けても英語力が伸びた実感がしないのはなぜでしょうか?

このガイドで様々な理由をご紹介しますが、

まずは特に大きな、意外な理由があります。

これからご紹介するステップにそれぞれしっかり従ったとしても、

今日ご紹介する落とし穴を避けない限り、レッスンから成果を感じられません。

その落とし穴とは?

ある勘違いがあり、

マンツーマンレッスンから得られない成果を求めてレッスンを受けるということです。

結果として、求めていることができるようにならず、がっかりしてレッスンを諦めてしまいます。

でも問題は自分自身ではなく、ただよそで教わった「勘違い」です。

勘違いその1:「ネイティブと話すだけで自分の英語力が伸びる」

「先生が全員ネイティブ!」などはよく見かける広告キャッチコピーです。

でも先生がネイティブだからといって、自分の英語が自然になるのでしょうか?

実は、その通りです(ある意味で)。

ネイティブとしかネイティブのフレーズ、言い回しを練習できません。

ネイティブのリズム、発音に慣れるのにもとても良いです。

でもネイティブと話すからといっても、会話が自然にできるようになるわけではありません。

ただ先生のノリでのフリートークを毎回繰り返しても、同じことばかり話してしまい、自分の会話力があまり伸びません。

そして半年があっという間に経ってしまい、去年より全然上達していないと気づきます。

ではどうやってネイティブと話して英語力を実際に伸ばせるのでしょうか?

後ほどのメールレッスンでご紹介します。

 

もう1つの勘違いがあります。

勘違いその2:「オンラインで外国人と話すと、リアルで外国人と話せるようになる」

僕の経験ですが、この勘違いが原因でがっかりして諦めたくなる方が一番多いです。

オンラインで外国人と話しているのに、リアルになると話せないのはなぜでしょうか?

外国人と話すでしょう?

オンラインで外国人と話すこととリアルで話すことが一緒に見えるかもしれません。

でも実際にそうなのでしょうか?

以下の表をぜひご覧ください。

マンツーマンレッスンとライルの会話の違い

マンツーマンレッスンとライルの会話の違い

一見同じく見えるのに、よく考えるとオンラインレッスンで話すのとリアルで話すことが全然違いますね。

スポーツに比べるとすると、

オンラインで外国人と話すことは「トレーニング」

リアルな場面で外国人と話すことは「試合」

みたいなことです。

「試合」を目指さないでずっとトレーニングを楽しく続ける方が多くいらっしゃいます。

でもどれだけ「トレーニング」をしたとしても、初めての「試合」はかなり難しいですよね。

「試合でしか得られない」ことを初めて体験するのです。

外国人と話すことを「オンラインマンツーマンレッスン」という「トレーニング」だけに焦点をおくなら、マンツーマンレッスンだけでも結構です。

でも「リアルで外国人と話したい」方は加えて「リアルで外国人と話す方法」も学ぶ必要があります。

これでマンツーマンレッスンからどんなことを期待できるかがわかりました。

あなたも同じような勘違いがありましたか?

今日ご紹介したことはあくまでも僕の個人的な経験上の意見です。

他に勘違いがあると思っていますか?

こちらのコメント欄でぜひ、自分が信じていた勘違い、もしくは他にあるマンツーマンレッスンに関する勘違いをぜひシェアしてください。

勘違いがなくなったのですが、これからどうやってレッスンを効率的に受けられるのでしょうか?

それを次のレッスンでご紹介します。

またお話しできるのを楽しみにしております!

一緒に世界と繋がりましょう!

アーサーより

一緒に世界と繋がりましょう!

Arthur (IU-Connect)
 

初めまして! 英語コーチのアーサーと申します!

Click Here to Leave a Comment Below 11 comments

東京で、リアルにネイティブが使う英会話の流れをトレーニングし、

外国人との初対面の会話をやっとマスターできます!