単語を勉強しても使えるようにならないのは、なぜ? | IU-Connect

単語を勉強しても使えるようにならないのは、なぜ?

「英語を本当に話したい!!」

と改めて思い、教材を沢山買いました。

よっし!英語をマスターするぞ!

単語帳から毎日単語を10個暗記し、発音の練習を徹底してやり、意味も完璧に覚えます。

でも、実際に使えるのでしょうか?

ある日、ネイティブの言っていることが全くわからず、言葉を返せなくなっちゃいます。

あの数時間の勉強は、一体何だったんだ?!

そこでがっかりして、いつの間にか熱心に勉強した教材は本棚の奥へ、

毎日見ていた英語学習ブログもチェックしなくなります。

「私には無理かな?」

と思ってしまったりもします。

「語彙が足りないからかな」

でも単語を勉強したのに、実際に使えるようにならないのは、なぜでしょうか?

僕の生徒さんたちも日本人がよく陥る落とし穴にはまり、英語の勉強を諦めかけたことがあります。

でも諦めないでください!

IU-Connectはいつも応援していますよ!

実は、単語を使えるようになるのは以外と簡単です。

今から誰でも単語を使いこなせるようになる秘訣をシェアしましょう!

それでは始めましょう!

どんなに勉強しても、単語を使えるようにならない理由

語彙を増やしたいなら、単語帳を買うしかないと思っている方が多いでしょう。あなたもそう思い、単語帳を買ったことがあるかもしれません。でもリストで単語を勉強しても、絶対に使えるようにはならないのです。

正直に言うと、僕は英語を教える最初の2年間は単語リストでを教えていました。僕自身も日本語を勉強していた頃、単語をリストで学んだこともあります。

リストで教える方が教えやすいのです。でもリストで勉強しても単語を使えるようにはなりません。ではその理由を考えてみましょう。

文脈がないので、コトバの本質に至らない

リストで暗記しようとすると、単語をとりまく環境が分かりません。いわゆる文脈がなくなります。例文があっても、文脈になりません。リストで暗記した単語はただの文字です。

でも、言葉の元となっている感覚やイメージもあります。その元となっている感覚やイメージを「コトバの本質」と呼びます。コトバの本質を取得しないと、その単語を自然に使えるようになりません。

リストで単語を勉強すると、単語の文脈がなくなり、ただの言葉のリストになります。こんな風に単語を暗記しても、リストどおりのリピートしかできません。

こんな風に日本語は学ばなかったですよね。

日本語では、どうやって新しい単語を勉強する?

きっと、日本語で知らない単語に出会ってもリストにしないでしょう。リストに書いたとしても、その単語をいろんな場面で見かけたり、いろんな場面で使ってみたりしてから、やっと使えるようになるのではないでしょうか?

ネイティブは、暗記ではなく感覚で話しています。
単語を文字ではなく、特定なイメージや感覚を名づけたものとして意識しています。ですから考えずに自然に口をついて出るのです。日本語でも、新しい単語をいろんな文脈から学びます。

ではどうやって、単語を正しく勉強できる?

①単語からではなく、場面から学びましょう。

あなたは、英語でコミュニケーションできるようになりたいから英語を学んでいるのでしょう。それなら英語を使いたい具体的な場面を考え、その場面に合った英語を勉強しましょう。

アメリカを旅行したいなら、レストランの英語を学びましょう

道に迷っている外国人を助けたいなら、道案内を学びましょう

 

②その場面に合った英語のフレーズを読みましょう。

ポイントは、単語を個別に勉強しないことです。フレーズで学ぶ方が、コトバの本質を取得しやすくなり、実際に使えるようになりやすいのです

 

③使えるようになりたい単語を含んだフレーズを声に出してみてください。

ポイント:話している時に、その場面の感覚、環境、臭い、全てをはっきりと想像してみてください。こんな風に想像してみると、コトバの本質を感じやすくなり、さらに覚えやすくなるのです。

 

④そのフレーズに合ったダイアログも想像してみてください。他の英語がわからない場合、日本語でも構いません。完璧に英語を話すより、感覚を獲得しようとすることが大事です。

 

⑤他の単語を、このように学んでみてください。

 

⑥前の単語のフレーズを問題なくリピートできたら、また声に出しながら書いておきましょう。

 

以上の勉強法で単語を確実に使えるようになります!!

あなたの英語の勉強をいつも応援しています。文脈に基づいたネイティブの感覚がわかる教材がなかなかないので、自分で書いてゆきたいと思います。あなたの助けになりたいのです。

ひとつ質問がことがあります。

どんな場面で英語を話したいと思っていますか?

みなさんの意見を汲み上げて、新しいコンテンツをどんどん作っていきたいと思うので、どんどん教えてください!

アーサーより

Blog Comments

素敵な情報をシェア出来る環境を作って頂きありがとう✨

勉強ほうほうは、レストランやショッピングなどシーンにあったフレーズを覚えて、その中からしらない単語を切り取る感じで良いいのでしょうか?

政治や社会(犯罪、火災、交通事故など)に間するニュースを速報で周囲に伝えられるような英語を集中的に勉強したいと思っています。

You can do it!

何らかのかたちで仕事で英語を使いたいです。私の年齢になると、仕事と家のことで
時間をとられ、外国人の友人を見つけるのもあまり現実的ではありません。

じゃあ、仕事に役立つ英語を学んでいきましょう!

単語の学習方法は良くわかりました。やはり場面ごとに理解しておかないとだめですね練習します。アーサーの言ってる通り確かに辞書や教材だけを勉強していても実際には英語は使えません。普段英語話す環境にありませんので余計ですし。映画見ても相手の言ってることがわかる時と意味不明な事があります。私的な事ですが7月より我が家にアメリカより10代の子がホームステイに1ケ月程、ワクワクしてるのと不安がいっぱい。相手の子はもっと不安だろうと思うので最大限できる限りのおもてなし。

ご感想ありがとうございます!宮台さんはネイティブと話す機会がありませんか?都会だったら外国人がいるかもしれませんが、田舎だったらなかなかないですね。でもいつでもスカイプなどでネイティブと話せます。

海外に旅行した時、街中で 自然に話しかけて喋ってみたい。何時も間違ったらどうしようと考えてチャンスを逃します

Hi Michiko,

そんな場面のために、この無料講座を作りました!ぜひご覧ください!
https://iu-connect.com/courses/first-impressions/

外国の友達と趣味の事や恋のことや、フレンドリーに会話したい。

Thanks for letting me know Mayumi!

Hi Arthur!
I will looking for job in Canada next year. I don’t know good way practice interview communicate.Please teach me good way.

you got it!

Add a comment

*Please complete all fields correctly