3月 7

「I’m a Japanese.」というのはやめましょう!

自己紹介するときに「I’m a Japanese.」と言っていませんか?これはごく自然で典型的な文章に見えて、実はとても違和感があり、場合によっては危険な表現なのです。

その理由を理解するには単語を見るだけでなく、文化的な背景を知ることが重要です。

誰も教えてくれない貴重な内容なので最後までご覧ください。そして迷うことなく正しい言い方で自己紹介できるようになりましょう!

音声レッスン

テキストレッスン

なぜ「I’m a Japanese.」がおかしく聞こえるのか?

これには文法的な要素も少しはありますが、文化的な要因が大きいです。

誰かがあなたについて質問しているときは、あなたの特徴について聞いていることが多いです。

その場合は通常、「形容詞」を使います。Japaneseは形容詞ですね。

<Japaneseを使ったフレーズの例>

Japanese culture 

Japanese people 

Japanese language

しかし、そこに「a」を入れてしまうことによって、「名詞」になってしまうのです。

他の動画でもご説明しましたが、

英語の名詞は a, the, this, that, your, my, someなどの

「相手の言葉」を必要とします。

「相手の言葉」が無いと形容詞

「相手の言葉」があると名詞 です。

先述のように、誰かがあなたについて質問しているときは、

あなたの特徴について聞いているので、「形容詞」が来ると思っているのに、

「I’m a Japanese.」と言われると「名詞」で答えられていることになります。

“my car is red”の代わりに“my car is a red” と言われているようなものです。

自分の特徴を名詞で答えてもいい時

あくまでも、「I’m a + 名詞」の形が文法的に間違っているわけではありません。

例えば宗教について話すときなどは、

‘I am a Christian.’ でも ‘I’m Christian.’や、

‘Im a Buddhist.’ でも ‘I’m Buddhist.’でもOKです。

人種や国籍の場合はなぜ名詞だとダメなのか

名詞を使って人種や国籍を言うと、その側面がその人の全てであり、他に特徴がないというような印象になります。

その人のアイデンティティーを平たくしてしまう表現になるため、人を蔑んだり意地悪なことを言う際に使われるのです。

※先ほどの宗教については、それが世界をどのように見るかや考え方における根本的なベースになるため、’a’をつけても自然なのです。

これに似ているのが「外国人」と「外人」の違いや

アメリカであれば’He’s black’と’He’s a black’の違いです。

どちらも後者は人を蔑む言い方や人種差別的に聞こえてしまうことがあります。

人種を名詞として言うことでその人を同じ国民としてではなく、全く違うグループとしてみているように聞こえてしまうのです。

小さな違いですが、このような大きな違いを生んでしまうので注意しましょう。

なんと言うのが正解?

先ほどの説明のように、’a’を入れると名詞になってしまうので、’a’を抜いて

‘I’m Japanese.’と言えばOKです。

もしくは、’I’m a Japanese person who…’や’I’m a Japanese student.’のように他の情報を付け加えて言うのもOKです!

まとめ

‘I’m a Japanese’は’a’が入っていることによって

日本人であることが自分の全てであるというような印象になるため避けましょう。

自己紹介する時は’a’を入れずに’I’m Japanese.’と言うのが適切です。



Tags

#アメリカ人英語, #アメリカ英語, #ネイティブ英会話, #世界事情 #英文法, #英語字幕


You may also like

‘I treated it like a job’マットデイモンの仕事は俳優…じゃない?Hot Onesのインタビュー|ネイティブの英語解説

‘I treated it like a job’マットデイモンの仕事は俳優…じゃない?Hot Onesのインタビュー|ネイティブの英語解説

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}