9月 5

「I am fun.=楽しいです」は間違い!ネイティブが使う正しい言い回しを紹介

0  comments

あなたは「楽しい」と英語で言う際に「I am fun.」と言ったことはありませんか?

実は「I am fun.」や「I am so fun.」という表現は、おかしなニュアンスで英語ネイティブに伝わってしまうことがあります。

そこで今回は、「I am fun.」が持つイメージや自然な言い方について、一緒に学びましょう!

音声レッスン

テキストレッスン

みなさん、こんにちは!アーサーです!

あなたは「楽しい」と英語で言う際に「I am fun.」と言ったことはありませんか?

実は「I am fun.」や「I am so fun.」という表現は、おかしなニュアンスで英語ネイティブに伝わってしまうことがあります。

そこで今回は、「I am fun.」が持つイメージや自然な言い方について、一緒に学びましょう!

「I am fun.」の本当の意味

「私は楽しいです」を直訳すると「I am fun.」です。

しかし「I am fun.」だと「私は楽しいです」ではなく「私は楽しい人です」といったニュアンスを含んでしまいます。

他にも「I am cold.」は「私は寒い(人)」、「I am sad.」は「私は悲しい(人)」と訳せますよね。

「fun」には「楽しい」「面白い」のみならず「楽しい気分にさせる」「面白い気分にさせる」という意味があります。つまり「I am fun.」だと「私はあなたを楽しい気分にさせる面白い人です」といった意味になってしまいます。

「楽しい」「面白い」の自然な言い方

「楽しい」「面白い」と言う際は「I am fun.」ではなく「This is fun.」と言いましょう。

「This」を使うことで楽しい対象が「私」ではなく「もの」になります。

  • This game is fun!

  • This book is fun!

  • This movie is fun!

そして「もの」ではなく「私」に焦点を当てたい時は、「I’m having fun.」という表現がおすすめです。

また「I am fun.」は「This is fun.」ではなく「I’m having fun.」に近いニュアンスを持っていることを覚えておきましょう。

  • I'm having fun reading this book.

  • I’m having fun playing this game.

  • I’m having fun watching this movie.

他にも「Have a fun time.」は距離を感じる言い回しですし、「I had fun yesterday.」は直接的な表現という印象を与えます。私も友達によく使っている表現です。

友人には「I had fun yesterday.」を使い、デートでは「I had a fun time.」を使ったり、状況に応じて表現を使い分けています。

まとめ

「I am fun.」が持つイメージや自然な言い方について解説しました。

「I had fun yesterday.」や「I had a fun time.」を状況に応じて使いこなすには、とにかく外国人と英語で話してみることが大切です。

「外国人と話す機会がない」「外国人と話すと緊張する」そういった方のためにユーコネクトを作りました。

ユーコネクトについては、以下のリンクをご覧ください。

Https://iu-connect.com/about/



Tags


You may also like

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}