外国人に話しかけるなんて怖すぎ!と思っているあなたへ、僕の経験もご覧ください。 | IU-Connect

外国人に話しかけるなんて怖すぎ!と思っているあなたへ、僕の経験もご覧ください。

外国人と話すことを想像すると、何が一番怖いですか?

ある出来事が起きたら「恥ずかしすぎる!」と思うことは何ですか?

実は、僕はアメリカで初めて日本人に話しかけてみたとき、

僕が一番恐れていたことが起こりました。

でもそれが本当に良かったんです。

 

プシューッ

バスのドアが開きました。

シアトルではいつも通りの曇りの日に、カピトル・ヒルで友達と遊んでから帰るところでした。

ICカードをタッチして、ステップを上がり、座れるところを見つけようと辺りを見回していました。

そこでいきなり、心臓がドキドキし始め、鼓動が高鳴りました。

 

あれ?日本人?

若い日本人を2人見かけました。もしかしたらシアトルの語学学校に通っていたのかもしれません。

 

その時までは見知らぬ日本人に話しかけたことがなかったのですが・・・

日本語をリアルで練習したかった。何かお手伝いしたかった。シアトルをさらに楽しんでもらいたかった。

今が絶好のチャンス!

話してみなきゃ!

その2人の通路を挟んで隣の席が空いていたので、怪しく思われないように何気なく座りました。

その2人をちらっと見ました。

「じゃ・・・なんて話しかければいいんだろう?」

僕の心臓の鼓動がうるさすぎて集中できないほどでした。今思うと若干汗をかき始めていたかもしれません。

かなり焦っていました

「きっと、怪しいと思われちゃう」

「迷惑をかけちゃうかな?」

「どうしよう?」

いつもと同じ恐怖がありました。

「でももう恐怖に負けない!今回こそ話してみる!」

 

1分ほど焦って、こんなことを言い出しました。

「すみませんが、日本人ですか?」

相手の目が大きくなって、顔を僕の方に向けました。「信じられない」という表情でした。

「え〜、はい」

「いいですね。I study Japanese」

ここで、相手の混乱した表情が笑顔になりました。

「Oh, nice!」

そこでほっとしました。

やった!話しかけることができた!」

でもここからどうしよう?

「何か言わなきゃ!ここで止まると、ぎこちなくなる。」

やばい!どうしよう!?

 

焦ってしまい、何も思い浮かばずにこう言いました。

“I can show you around Seattle, if you like!”

「良かったらシアトルを案内してあげますよ!」

 

Oops.

 

その発言が相手の笑顔を消してしまいました。僕からちょっと遠ざかったようにも感じました。

“Oh… no thanks.”

 

やばい!

そこで僕の身体が凍りました。その2秒で、僕の計画、僕の夢が水の泡になってしまいました

やっちゃった。

いきなり変なことを言ってしまい、怪しいと思われてしまいました。

とっても恥ずかしかったです。

 

でも1番辛かったのは、沈黙で気まずいまま座った15分でした。

その間に頭の中でこんなことを繰り返し考えていました

「どうすれば良かったんだろう?」

「向こうは僕のことをどう思ってるんだろう?」

 

それでバスが止まり、ドアが開き、その日本人の2人がバスを降りました。

 

この経験を一生忘れません。

でも今思い出すと、

本当に経験して良かった

といつも思います。

 

そのときまでは、アメリカで日本人を見かけたらいつも話したいと思いました。

なのに怖すぎて何もできなかったんです。

もし変なことを言ったら、もし怪しいと思われたら、恥ずかしすぎる!もう立ち直れないと思い込んでいました。

その悪夢をその日に実現させてしまいました。

でも、大丈夫だったんです。

実は、その2人がバスを降りてから、僕は周りを見てみました。

誰にも見られていなかったです。誰にもバカにされていなかったです。

話しかける前の元の状態に戻りました。

最初からやり直しても問題ないほどです。

しかも、すでに一回やってみてうまくいかなかったので、この経験かえりみて次回きっとうまくいきます

 

怖いと思っていたことって、本当にこれだったの?

“Is this what I was so afraid of?”

 

その時からアメリカや日本で日本人へ話しかけることが多くなりました。

毎回話しかけるときに恐怖が訪れます

でもそのときには、ここでシェアした経験を思い出します。

そしてこう思います。

「怖いと思っていたことって、本当にこれだったの?」

 

僕の「失敗」は恐怖を乗り越えるきっかけになり、様々の人と繋がる勇気になりました。

僕の失敗は、自由になったきっかけだったんです。

 

外国人と話す機会があるとき、何が一番怖いですか?

想像するだけで「恥ずかしすぎる!」と思っていることは何ですか?

 

ここで想像していただきたいです。

でもその場面だけではなく、

20分後の場面も想像してください。

その20分後の場面はどんな感じでしょうか?

きっと、周りの人に見られていない。怪しいまたは変だとは思われていないはずです。

最初からやり直してもいいです。

「怖いと思っていたことって、本当にこれだったの?」

あなたの夢はすぐそこにあります。あなたを待っているのです。

ただ、その夢を手に入るために、恐怖の川を渡らなければいけません

 

でも実際に渡ったらきっと、その「恐怖」が実はそこまで怖くないんです。

何かコメントか聞きたいことがあったら、ぜひこのコメント欄で書いてください

いつも応援しています!

 

アーサーより

Blog Comments

外国人に話しかけるのが怖いとかじゃなく「話しかけるな」とか「あっち行け」とか言われるから怖いんじゃないでしょうか?私は気が弱くて「話しかけるな」や「あっち行け」って言われるんじゃないかと思いました泣きました話しかけたら優しい人もいました外国人にも

怖いとかではなく「話しかけるな」や「あっち行け」と思われると思います

Hi Arthur!!
Let’s connect の受講生ですが、操作を誤ってしまって入れなくなってしまったので、私の経験をここに書きますね。
確かに、私も最初は恐怖しかなかったですね。間違えてしまったら?通じなかったら?と思うとそれだけで話かけることはできませんでした。
でも、Arthurから勇気をもらって、let’s connectのミッションをこなす中で、恐怖は消えてしまいました。
それは、間違ってもok、通じなくたってokなんだってわかったからです。人にもよりますが、外国からの方、特に英語を話すことができる方は、大抵は日本人は英語がしゃべれなくて、シャイだと思っているんではないかと私個人の経験で参考にならないかもしれませんが、そう思います。
そういう方は、そもそもこちらから、しかも英語で話しかけてくるなんて思ってもないので、ビックリするのとうれしいのとが混ざって、必死になって下手くそな私の英語を理解しようとしてくれます。こちらのパッションが伝わるんだと思います。そうすると、会話ってなんでかはわからないのですが、弾むんです。
Let’s connect に取り組んで1年弱ですが、外国の方と連絡先を交換できましたし、今日もビジネスパートナーの方と英語だけで会議をし、懇親会まで英語のみでできました。こちらから話そうとすると相手もわかってくれるので、ビジネスの場面でも、わかりやすい言葉で話してくれますし、言いたい事のダイレクトな単語が浮かばなくて、〜みたいなと必死で思い浮かぶ簡単な単語を繋げて説明しようとすると、大抵は先にピンときてくれてyou mean…と確かめてくれます。本当のビジネスの場面では通用しないとは思いますが、敵対視するような場面でないなら、なんとかなるんじゃないかと思えるようになりました。逆の立場でも同じですよね。相手が必死にたどたどしい日本語で話そうとしてきたら、こっちも理解しようとしますし、できる限り簡単な言葉で説明してあげようとしますよね。私の経験では「ああ、同じなんだ」と思えるようになったんです。これで恐怖なんて消えてしまいましたね。
いきなり最初からそうはできないのが普通なんでしょうし、私もそうでしたからコツなんてわからないんですが、やらないとわからない、やらないとうまくならない、やってみると相手は結構優しいから、間違っても通じなくても大丈夫、確かに間違ったら恥ずかしいですけど、できないんだから仕方なくて、次に活かせばいいじゃない、そう考えることなのかなぁと思います。
思ってる以上に多くの外国の方の日本人に対する要求レベルは高くない、私はそう思っていますし、思うようにしています。

Hi Arthur!
銀座線でお土産屋さんの袋からてるてる坊主を出してカメラのストラップにつけていた白人の女の子に、てるてる坊主の説明をしようと思って撃沈した時のことを思い出しました。

私の場合はまわりに人がいたし、英語上級者が絶対いたと思うし、Arthurより10倍は悲惨な状況でした。
その外国人親子にも周りの人にも『ろくに英語が話せないくせに何で話しかけたんだろう』って絶対思われているだろうと思うと恥ずかしくて電車から飛び降りたいくらいでした。

iu-connect を始める前はこんな場面が訪れると頭の中で一生懸命文章を作って、そんな事をしている間にタイミングを逸して結局何も言えずに終わっていました。
でも今回はてるてる坊主の名前だけは伝えられたし、電車に乗ってる時間なので相手に時間的な迷惑を掛けたわけじゃなし、自分は恥ずかしい思いをしたけど、人間同士ならいろんなことあるさと思えるようになりました。

恐怖の川をひとつ渡れたのかな?

Hey Naoko!

素晴らしい話ありがとうございます!
確かに、Naokoさんはコネクターになりましたね!嬉しいです!
実は、Naokoさんのおかげで「てるてる坊主」をはじめれ知りました。ありがとうございます。

ぜひ、Let’s Connect!!の「外国人と話した経験」でシェアしてください。

応援しています!

Hi!Athur.
私ははなしかけるのに、その人の表情をみれば、だいたい、声をかけるのは、大丈夫です。あとは、少し話すけれど、自分の言いたい単語などが出てこなくて困ります。 語彙を増やさないといけないと思います。
そして、口語的ないいまわしがなかなか、わからない時があり、そんな事が、困っていますー。。

Hey Yoshi!

そうですね。先に顔を見るのも大事です。僕はこの話の時にそれを知らなかったです。
見知らぬ人との会話の場合、実は会話があまり長くならない方が良いと思います。ですから様々な口語的な言い回しや単語を覚えなくても大丈夫です。毎回少しだけ長くして、難しくしてみれば様々な言い回しをあっという間に使えるようになりと思います。

応援しています!

Add a comment

*Please complete all fields correctly