学校で教わらなかった、アメリカ英語の発音の最も大事なコト | IU-Connect

今まで間違ってた?!今まで教わらなかったアメリカ英語発音の秘訣

発音を気にしているあなたへ

 

英語は、なにもフレーズや単語、文法の暗記だけではありません。

発音も大事ですし、フレーズをどう学んでも発音が違ったら、相手が分かってくれないかもしれません。

 

ではどうやって発音を磨けるのでしょうか?

ネイティブは無意識に発音するので、発音をうまく教えられません。

日本人の講師に教わると、発音が間違っているかもしれません。

 

僕も、昔生徒さんに発音を教えていた時、戸惑っていました。

英語の「R」と「L」の発音を完璧にできても、それを会話の中で聞くとはなんとなく聞き取りづらいかったのです。

 

きっと、それぞれの音より発音の元となっているものが誤っていたのではないでしょうか?

 

この誰も教えていなかった、発音の元となっているあるコト。これは今までマンツーマンの英語コーチングでしか教えていなかったのですが、

 

今からあなたへ伝えさせて頂きたいです。

 

あなたの英語が伝わりますように。

 

学校で教わらなかった、

発音の元:リズム

 

英会話スクールや家庭教師は多くが、英語の音から発音を教えています。でも発音はきっと、音だけではありません。幸せになる時、声が高くなる。ワクワクする時、話が速くなる。などなど

 

でも普通の会話でも、言語はそれぞれ、特定なリズムがあります。英語と日本語の発音は、基礎から全く違います。

 

日本語と英語のリズムは?

 

日本語の英語の発音の違いをもっと理解して頂けるように、以下の図を描いてみました。

英語と日本語の発音の違い

英語と日本語の発音の違い

 

日本語の発音はかなりスムーズで、イントネーションが高くなったり低くなったりします。

英語は一方で、スムーズというより「強弱」がバッと来たり、来なくなったりします。

 

イントネーションと強弱の違いは、英語と日本語の発音の違いです。

 

例えば、以下の日本語に強弱を加えると…

 

ネイティブの日本語とアメリカ人の日本語はとても違うと思いませんか?

 

強弱を使って日本語を話すのと同じように、強弱なしで英語を話そうとすると、とても聞き取りづらくなってしまいます。

 

「R」と「L」を完璧に使い分けたとしても。

 

強弱が正しくないと意味が通じない

英語の基礎となっている強弱はつまり、英語の言葉はそれぞれ、音が「弱い」か「強い」かということです。

 

「弱い」音は短く、低く、適当に発音します。

「強い」音は長く、高く、しっかりと発音します。

 

その「弱い」音をはっきりと発音しなくても構いません。

言葉の意味は、「強い」音に頼ります。しっかり発音しないと、意味が通じません。

 

例えば、「Tomorrow」という言葉があります。

録音を是非聴いてください。

 

 

どの音が「強い」のでしょうか?

 

「mo」の音です。

 

「弱い」音の母音をなくしても、意味が通じます。

 

単語やフレーズを覚える時に、「強」を気にする

「強い」音に意味が被さっているので、単語やフレーズを勉強している時は、必ず「強い」ところを気にしてください。

 

弱いところが間違っていても、意味が通じるのです。

 

強弱を正しく活かせば、自分の言っていることがさらにスムーズになり、外国人の相手は聞き取りやすくなります。

 

強弱練習

さあ、早速練習しましょう!以下の表では、英単語やフレーズとその日本語訳と録音があります。ネイティブの音声を聞きながら、どれが「強」かとどれか「弱」かと考えてみてください。

 

回答は表の以下になります。

 

Project – プロジェクト

Television – テレビ

Project – 映し出す

Communicate – 対話する

Delivery – デリバリー

Bluebird – ブルーバード

Blue bird – 青い鳥

No way! – うそ!

I can’t believe it! – 信じられない!

 

回答

Project – プロジェクト

Television – テレビ

Project – 映し出す

Communicate – 対話する

Delivery – デリバリー

Bluebird – ブルーバード

Blue bird – 青い鳥

No way! – うそ!

I can’t believe it! – 信じられない!

 

アーサーより

Blog Comments

[…] 以前のコラムでは自然な発音のカギである「リズム」を紹介しました。 […]

いつも楽しく見ています。
私は、若い時から、どうしても英語をマスターしたいと思って来ましたが、どうしてもリスニングができません。言いたいことは、かたことでも、知っている言葉しか使わないから、なんとか言えますが
相手の言っていることが分からないので、いまいち、話がふくらみません。来年、アメリカに留学している息子のところへ1ヵ月ほど滞在するので、どうしても、現地の人たちと、たくさん喋りたいのです。
アーサー!!どうしたらきけるようになりますか?今は、アーサーの動画やフレンズを見ていますが、フレンズは、より、実際の会話に近いのに、全く分かりません。なんとか、聴けるように、教えてください!!

Hi 智香!

コメントありがとうございます。
「英語を3ヶ月でペラペラ!」というプログラムがたくさんあるのですが、一瞬に、苦労せずに話せるようになるこてゃありませんね。実は英語はスポーツみたいなことなので、実際に話すことが必要です。話して練習しない限り英語を話せるようにならないということです。
ですので早速外国人と英語で話す機会を活かしてください。
そして、その会話でアメリカにいる間にありそうな場面で使う英語を練習するのもオススメします。

より簡単な方法があったら教えますが、やっぱり話すしかありません。
他にご質問があったらいつでもお問い合わせください。

いつも応援しています!

英語は強弱や発音が大切ですね。私も英語を話したとき、単語は正しくても発音と強弱で通じないことがありました。ドラマや映画を観たり外国人の友達と話すなどして強弱を勉強しています。

Great!

Add a comment

*Please complete all fields correctly