Talk to とTalk withの違い | IU-Connect

Talk to とTalk withの違い

みんな、この2つの似ている熟語の違いを知っていますか?「意味はほぼ変わらない」と思っている人もいるかもしれないけど、実は「意味」よりも「インパクト」の違いがあります。この2つの熟語を使いこなせれば、ネイティブのように話せる第一歩になります。

さて、まずは「意味」です。

Talk というのはみんなが知っているように、日本語の「話す」という意味に近いです。

Toというのは、一方的で、

Withの方は、相互的です。

では、意味はどう違うのでしょう。実は、ある2人の会話を外から見ても、Talking toかTalking withかが簡単に判断できないんです。でも、聞き手をよく見れば、判断できます。

その聞き手は、どういう風に相手の話を聞いているのか、分かりますか?もし目を輝かせたり、あいづちをしたり、自分の意見を返したりするなら、その聞き手はTalk withの状況です。

BzRN6CECYAIDC0x

一方で、もし目線を合わせず、相づちもせず、何も言葉を返していないなら、Talk toの状況かもしれません。

BzRNQrcCcAA9WHv

つまり、Talk to と Talk Withの違いは前置詞に隠れています。

Talk toはtoと同様、一方的なコミュニケーションを表します。もしかしたら、話し手は相手に何か嫌な事したか、聞きたくない話をしたかもしれません。

Talk withはwithと同様、相互的なコミュニケーションを表現するのです。もしかしたら、2人の共通点について話し合っているか、普通に週末の事を語り合っているかもしれません。

さてみんな、ここまで読んでくれてありがとう。例文を載せる前に、みんなに例文を作ってもらいたいと思います。コメントを書いてもらえれば、いくつか例文を取り上げてここでみんなに紹介します。

みんなの例文を楽しみにしています!