Got toとGet toの使い分け | IU-Connect

Got toとGet toの使い分け

 

Get toとGot toってどう違う?

日本人の友達と話していると今日のトピックは話題になることがあります。問題は母音が1つしか違わないのに、意味は全く違ってくるということです。

Get to

まずGet to とについて説明します。
これは「普段できないやりたいことをやらせてもらう」 という意味です。

例えば、I get to go on vacation today!

Got to

しかし Got toの場合は 「本人の意思に関わらず何かをやらされている」という意味になります。

例えば、I got to go to work today.

Get toの後には必ず良い事が続くのがポイントです。逆にGot to の後にはそうでないことが続きます。

発音ポイント

普通のアメリカ人の発音では、Got toのtの音が一緒になって、ガダのような発音になります。Get toも同じようにゲダのような発音になります。

メールなどで書く場合も実際の発音に合わせるために

Get to  は Getta

Got to  は Gotta

をそれぞれ代わりに使用することもあります。

なによりも、理解してもらいたいのはこれです。

[Tweet “良い事なら、Get to。そうでない事なら、Got to I got to go to work, but after I get to see my friends.”]

さあ、次はあなたが答える番です!

あなたの日常生活には、Things you gotta doとThings you getta doはありますか?

コメントで教えて下さいね!どのコメントもじっくり読ませてもらってます。みんなのコメントを楽しみにしています!

あと、英語で分からないことがあったらコメントで教えてくださいね!

Blog Comments

Hi Arthur!
I got to do housework everyday alone.
But, I getta study and fun English by IU-Connect.
Thanks.

Add a comment

*Please complete all fields correctly