新しい単語をバリバリ使える人は、これに気をつけています | IU-Connect

新しい単語をバリバリ使える人は、これに気をつけています

英単語を学ぶためには、様々な役に立つ勉強方法があります。

でもその勉強法を活かしたら必ず、新しい単語を使えるようになるのでしょうか?

単語の簡単な意味を暗記するためなら、その勉強方法が役に立ちます。

しかし、英語と単語を自然に使うためには、単語を暗記するだけでは不十分です。

先生、「お願いします」って英語で何と言いますか?

私は、生徒さんからこのような質問をよく受けます。しかし、一言で「お願いしますは英語でこう言う」という答えが出てきません。なぜかというと、「お願いします」という意味に当てはまる英語の言葉はたくさんあるからです。

Nice to meet you.

Yes, please.

Please.

If you could.

Thanks very much.

このフレーズは全て「お願いします」という言葉に当てはまることがありますが、状況によっては当てはまらないこともあります。

英語の言葉は辞書で調べると日本語の言葉の5個以上に当てはまることが多いのではないでしょうか?

「たくさん」という言葉を調べると、こんな結果が出る。

「たくさん」という言葉を調べると、こんな結果が出る。

 

ですから、残念ながら、「この言葉は、英語で何と言うの?」という質問はあまり役に立たないでしょう。

一方で、「日本語の単語は英語ではこう!」や「英語の単語は日本語ではこう!」と言うより、他に効果的な考え方があるのでしょうか。

単語を正しく使えるように、、、

コトバの本質

言葉を暗記するに限らず、さらに自然に使えるようになりたいなら、コトバの本質がわからないといけません。

コトバの本質って?

日本語で話している時に、口から出ている言葉をそれぞれ考えていますか?ネイティブスピーカーなら、きっとそうではないでしょう。イメージや感覚で話しているのです。

言葉のイメージや感覚はコトバの本質です。

英語を初めて勉強する時、自分の頭の中で感覚やイメージを想像するのに時間がかかり、日本語をそのまま辞書で調べた通りの英語にしながら遅く話しがちになります。

しかし自然に話せるようになりたいなら、できる限りイメージや感覚から直接英語にしようとしなければいけません。

IU-Connect-34

英語のコトバの本質を学ぶことによって、

  • 単語のニュアンスや正しい使い方がわかる
  • 相手の気持ちがさらにわかる
  • 辞書を使わなくなる
  • 英語をさらに楽しく、深く使える

 

私もコトバの本質のおかげで目からウロコが落ちた経験があります。

日本語を勉強していたころ、「飲む」という言葉は「drink」に当てはまると教わりました。

ある日、友達に「〜〜〜薬を飲む」と言われたことがあります。

WHAT?! DRINK MEDICINE?!

英語だったら、絶対そう言いません。

とてもびっくりしました。その日に、「drink」と「飲む」の本質の違いがわかりました。

「飲む」という言葉は「噛まないで口を通して何かを体に入れる」というニュアンスです。

「Drink」は、「栄養のために液体を飲む」という感覚です。それ以外は「swallow」を使います。

確かに、コトバの本質を学ぶことによって、さらに正しく、楽しく語学を学ぶことができますね。

コトバの本質を身につける方法

ではどうやって言葉の本質を重視しながら勉強できるのでしょうか?まずは、以下の方法を見ていきましょう。

⒈グーグル画像で検索

コトバの本質を理解したい時は、英語の言葉をグーグル画像で検索するのがおすすめです。びっくりすることもたまにあるかもしれません。

たとえば、「おすし」

おすしは世界諸国で流行っている料理です。でも日本の「すし」と英語の「sushi」は100%同じなんでしょうか?

グーグルで検索してみれば、この結果が出ます。

mm-03-image-1

画像で、アメリカ人は、巻物を想像するということがわかります。日本人は普通ににぎりと巻物を想像します。同じ言葉でも、言語によって意味がかなり違いますね。

2.「この言葉は英語で何と言う?」をやめよう

前に述べたように、その質問はあまり役に立ちません。なぜかというと、言葉のやイメージを捉えられないです。その代わりに、このような質問ができるでしょう。

What do you say when you feel (sad)?

What do you say when you (this happens)?

What do you say when you think of (the trains being late)?

A:What do you say when someone is gone and you’re sad.

B:You say “I miss them.”

このやりとりのおかげで、「寂しい」や「恋しい」の自然な使い方がわかりました。

ところで、アメリカ人は一切「When you are gone, I am lonely」とは言わないので、気をつけてくださいね。

3.相手の振舞いや表情を観察する

ある言葉の印象がいいかどうかは、相手の表情でわかります。

私は日本で留学したころ、「やばい」という言葉を初めて聞きました。相手の表情を観察し、「やばい」の複数の印象がわかるようになりました。英語でも、印象がどちらでもある言葉があります。

良い印象:That’s sick! (すごい!)

悪い印象:You’re sick!(キモいよ!)

さぁ、どうでしたか?言葉の本質ということを初めて聞きましたか?

最初は複雑だと思うかもしれませんが、これを使いこなせればすぐに英語を自然に使えるようになるのです。

学びたい単語の使い方はありますか?コメント欄で聞き、コトバの本質を学びましょう!

アーサーより

Blog Comments

Hey, Arthur!
Long time no see, sorry.

僕はアーサーと出会ってからが目からうろこの連続です。いまは、日本語の指導が忙しくて自分自身の英語の勉強をする時間がなかなか取れないけど、日本語の指導をするってことは、相手は当然日本の人ではない、International peopleなんです。そうなると、意思疎通は、当然英語。同じネイティヴ同士で話をしていても伝わらない事が多いのに、英語だと自分の表現力の貧しさに毎回苦労しますが!そこで、アーサーから教わった共感する心と言うのにフォーカスすると、途端に状況が変わります。完璧ではないにしても、相手の伝えたい事も理解できる(表情や仕草を含む)から、あら不思議。そして、自分の母国語を教えるというアーサーとは同じ事をしていると気づいたことがあって、日本語を勉強される方も「Ken,これはどういう意味なの?」って聞かれます。そんな時、まず意味合いを説明します。これは、言葉の持つ表面的な表現の仕方(いわゆるHow to useです)なので、次に具体例を挙げて、最後に日本人である私はこういう風な感情を持って使い、色んなsituationを伝えると、全く納得度が変わります。説明が下手なので、時間は掛かりますが、日本人でも難しい表現でも「あー、すごくわかったよ、ありがとうKen!」といわれるときに毎回、アーサーの顔が浮かんできて、心の中で「アーサー、今日は上手く行ったよ!」って考えます。だから、英語でなんていう?はやめて、君だったらこれをどう表現する?にしています。それにより、相手の心の内もわかり、本当に言葉の壁を越えた世界へ入る頃が出来るようになりました。Arthur, I really want to tell you thanks for my life. Ken

コトバの本質=イメージや感覚。
コトバの本質+コトバの本質
=会話のフレーズ。
会話のフレーズ=イメージや感覚。
イメージや感覚=音(発音・リズム)
?言いたいことがあるとき
頭の中でイメージや感覚がぐるぐるしてる。
イメージや感覚が覚えてる単語を探してる。
単語=コトバの本質がイメージや感覚になってないから、単語が出てこない!
単語の意味調べて覚えるのは、辞書人間になろうとしてるだけだなぁ。
頭の良し悪しよりは、コトバへの感性の有る無しが重要のようだ。
こちらは才能だから、英会話も才能に因るね。自分には無理かもしれないな?

ある意味で才能は必要ですが、「共感」という才能です。人間ならほぼ誰でもこの才能を持っています。詳しくはこちらのコラムからご覧ください。

[…] 単語やフレーズに隠れた感覚や感情を考えることが大切です。この記事では、言葉の本当の意味やコトバの本質とは何かをお話してきました。 […]

[…] でも、言葉の元となっている感覚やイメージもあります。その元となっている感覚やイメージを「コトバの本質」と呼びます。コトバの本質を取得しないと、その単語を自然に使えるようになりません。 […]

When I told my American friend that I’m taking your lesson, he asked me “Do you think he is cute?” It’s surprising! Do you use “cute” to men? He answered that some people do and some people don’t. I have thought that “cute” means かわいい and is used for almost for female and pets or something like lovely one.
When and how do you use this word?

hey kyoko!

Cute is an interesting word!
Normally, we use cute for small things and females, like you mentioned. However, cute can also be a shorter word for “Attractive.” It’s a very light word, and “attractive” is more meaningful.

I dont think guys would really take it as a compliment, because it is not so “manly,” but people do say it. It depends on the individual person’s personality. When you’re in America, pay attention to the usage of “cute”!

Add a comment

*Please complete all fields correctly