7月 8

もしかしたら「I’m day off 」と言っていない?

音声レッスン

テキストレッスン

みなさん、こんにちは!アーサーです!

「今日は休みです」と英語で伝える際にI’m day off.と言う方がいます。しかしこれだと、異なるニュアンスで相手に伝わってしまいます。

なぜI’m day off.だと異なるニュアンスで伝わってしまうのか、どうすれば自然な言い方になるのか、一緒に見てみましょう!

日本人がI’m day off.を使う理由

日本人がI’m day off.を使うのは、日本の英語教育が原因です。日本の英語教育では、英語表現を数学の問題のように教えてしまう傾向があります。

  • 私は◯◯です。= I am ◯◯

  • 私は日本人です。 = I’m Japanese

  • 私は玲奈です。 = I’m Reina.

上記の例文と同じルールで「私は休みです」がI’m day off.と考えてしまうのです。しかし実際には、「私は〜です」を全て“I am”で訳せるわけではありません。

I’m day off.が間違っている理由

be動詞は、主語とbe動詞の後にくる言葉が同じであることを意味します。

つまりI’m day off.では「私は人間ではなく『日』です。そして今日は『休みの日』です」という意味になってしまいます。

「私は人間ではなく『日』です。」というのは明らかにおかしいですよね。

「休みです」の自然な言い方

「休みです」の自然な言い方は以下の通りです。

  • It’s my day off today.

  • I have a day off today.

  • My day off is today.

上記の例文にはMy day off とa day offの2つの表現が出てきます。

My day offは決まっている休み、毎週同じ休みを表現する際に使われます。一方でa day offは決まっていない休み、たまたまの休みを表現する際に使われます。

つまり毎週月曜日が休みなのであれば、My day offを使うのが適切です。

相手の休みを聞く方法

「普段いつが休みなの?」と聞きたい場合はWhen is your day off?と言いましょう。先ほど説明したMy day offのMyがyourに置き換わった形です。

「普段」ではなく単純に「いつ休みがあるのか」を聞きたい場合はWhen do you have a day off?と言いましょう。毎週同じ休みを聞くわけではないのでa day offを使います。

まとめ

「今日は休みです」の自然な言い方について解説しました。英会話で休みについて話す際は、今回紹介した表現を使ってみましょう。

「もっと英語を学びたい」という方は、以下のフリーガイドをご覧ください。

https://iu-connect.com/free-guide/



Tags

blog, Podcast, YouTube


You may also like

Thanks toとThanks forはどう違う?!感謝をそのまま伝えるために英語学習者が知っておくべきこと

Thanks toとThanks forはどう違う?!感謝をそのまま伝えるために英語学習者が知っておくべきこと

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}