8月 3

まだLet’s talk with me と言っていますか?

音声レッスン

テキストレッスン

みなさん、こんにちは!アーサーです!

みなさん、英語で会話をし始める際、

”Let's talk with me”

と言っていませんか?

僕がHellotalkで言語交換をしていたとき、このフレーズを目にしました。

実は、このフレーズは少し変に聞こえてしまうかもしれないフレーズなんですよ!

どうしてでしょうか?

では、どうしたら自然に聞こえるのでしょうか?

今回のレッスンで一緒に学びましょう!

どうして変に聞こえてしまうのか?

みなさんは、”Let’s” を 「〜しよう」 と学びませんでしたか?

僕も、僕自身の日本語の教科書でそう学びました。

しかし、これは少し違うんです。

どうして違うの?

どうしてこれが不自然に聞こえてしまうのでしょうか?

このことについて、友人のオースティンと話してみました。

”Let's” というフレーズは

“Let” と “us” の 英語のコンビネーションで、

”you and me" (あなたと私)という意味が含まれています。

故に、もし “Let’s”.....”with me” みなさんが言ったら、余分ですよね。

”You and me, let’s talk with me” (あなたと私で、私に話しましょう)

おかしいですよねイメージは、みなさんが誰かといるのに、自分自身に話かけているイメージです。

Let’s talk with me, Austin!
Austin: How are you doing, Arthur?
Arthur: Yeah, how are you doing, Arthur?
Arthur: I’m fine. How are you?Arthur: Oh I’m great!

なんて、、、、ことになってしまうんです。

正しい言い方は?

とても簡単なんです。

”with me" を 取るだけです。

他にもこんな言い方もあります。

Let’s talk.
Let’s chat.
Let’s have a conversation.

もしこれだけ寂しいかな?と思ってしまう方は

「相手の名前」を最後に付け足してあげるだけでも違いますよ!

 Let’s talk, Arthur!

with ...を付けられるケースは?

先ほども説明したように

“You” (あなた)と ”me”(わたし)でなければいいのです!

Hey Arthur, let’s talk with Kyoko!

さて、今回のレッスンでは

“Let’s talk with me”

と言わない方がいい理由と正しい使い方を学びました!

今日学んだたくさんのフレーズをうまく使い、外国人と直接話す時でも、ネイティブのように楽しく会話をしてみましょう!



Tags

blog, Podcast, YouTube


You may also like

Thanks toとThanks forはどう違う?!感謝をそのまま伝えるために英語学習者が知っておくべきこと

Thanks toとThanks forはどう違う?!感謝をそのまま伝えるために英語学習者が知っておくべきこと

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}