説得力がアップ!相手の不快感を減らす5つの英語のフレーズ

これだけで説得力がアップ!相手の不快感を減らす5つの英語のフレーズ

「あのー、聞きたいことがあるんですけど、いいですか?」

このようなフレーズを使ったことはありませんか?日常生活でよくあるお願いの表現です。でも、相手に何か頼まれたら、不快感を抱くこともありますよね。

日本人のあなたは、日本語だと相手に頼みながらその不快感を減らすのに慣れているかもしれませんが、英語だと、どうですか?この記事を読めば、お願いするときに相手の不快感を減らすことができる簡単なフレーズや感覚がわかります。

じゃあ、早速始めましょう!

I’m sorry to bother you, but…

これはお願いの導入です。要するに、相手に「もうすぐお願いするよ」と知らせるフレーズです。いきなりお願いすると、相手を驚かせて違和感を与える可能性があるのです。

このフレーズでは、言葉の意味をそれぞれ気にする必要はありません。

ただ、自分のお願いすることに対して遠慮を表すという意味があります。

お願いするとき、自分自身の遠慮を表すと相手の不快感が自然に減ることが多いので、なるべくお願いする前に自分の遠慮を表すことが大事です。

I’m sorry

この部分は謝りです。お願いするだけでも申し訳ないという意味です。

to bother you

「迷惑をかける」という意味のフレーズです。ここから、相手はこれから言うことがお願いであるとわかります。

But

遠慮からお願いに変わるフレーズです。

Would it be alright if I…

Would it be possible for you to…

お願いする部分です。相手にやってもらいたいことや、やらせてもらいたいことによって形が変わります。

Would it be

どちらも「Would」という言葉で始まります。「Would」は文章をより丁寧にする言葉です。

許可を求めるフレーズです。「〜してもよろしいですか」というような意味です。

possible for you to

何かをやってくれるかどうかを確認するフレーズです。

It’s completely fine if you can’t, but…

この部分は相手の任意に任せるフレーズです。このフレーズで「このお願いは強制的なことじゃないよ」ということが伝わります。

相手は強制的でないことがわかるので、お願いに対する不快感が自然に減るのです。

It would be a great help if you…

最後に、そのお願いの価値を伝えるのが大事です。相手に「これをやってくれれば、助かる!」ということが伝われば、相手がいやだと思うことなく、逆にお願いを受けたくなります。

以上のフレーズを並べるとこのような立派な「相手の不快感を減らすフレーズ」ができます。

I’m sorry to bother you, but would it be possible for you to teach me English? It’s completely fine if you can’t but it would be a great help for me if you could.

これだけで、英語での説得力がすぐにアップできます。でも練習しないと英語力はなかなか上達できないのではないでしょうか。では早速ここで学んだことを練習しましょう!

誰かにお願いしたいことはありますか?コメント欄にそのお願いを英語で書きましょう!

もし質問などがあれば、何でも聞いて下さい!


アーサーより

Blog Comments

Doesn’t the phrase “it is completely fine if” sounds like “your job is not very important because you are not the only one to ask” ? I feel a bit nervous to use this phrase 🙁
もしできれば相手の依頼の断り方とか外国の人が好きな日常の話題とかも知りたいです。

Hello Arai!

Thanks for you comment!
Actually, “It’s completely fine if…” is used to make the request more friendly. It doesn’t mean the other person’s job isn’t important. Instead, it takes off pressure. 相手に強制的にやらされてしょうがないという気持ちの無くすのです。 It makes the other person feel more comfortable. The English feeling is “If you can’t do it, it’s ok, someone else will be able to do it, so don’t feel pressure.”

I want to ask my professor using those phrases like… “I’m sorry to bother you, but would it be possible for you to teach me more about this topic we learned today?” 🙂
いざ、英語で質問しようってなると、テンパって丁寧な言い方を忘れてしまうことがよくあるので、今回改めていろんなレパートリーを知れてよかった!これを仲のいい友達に使ったら丁寧過ぎますか?

コメントありがとうございます!
やっぱり、親しみがあればあるほど、このフレーズが使わなくなりますね。でも特に大きなお願いがあるときに、仲のいい友達に対してもこのフレーズが役に立ちます。

Add a comment

*Please complete all fields correctly