アメリカ人が毎日使う、会話の基礎を学ぶ | IU-Connect

アメリカ人が毎日使う、会話の基礎を学ぶ

「なんで何年かけて勉強しても、英語が話せないの?」と思ったことはありますか?

外国人に喋りかけられて、困ったことはありませんか?

“Hey! how are you?”

次はあなたが答える番です。どうやって返したらいいか、知っていますか?

ちなみに、「I’m fine thank you, and you?」ではないんです。

アメリカ人なら、ほとんどの人はこう答えます。「I’m good, how are you?」

実は、学校で教わる英語は一応文法的には正しいですが、その英語はアメリカ人が実際に使う英語なのでしょうか?

IU-Connectと一緒に、アメリカ人が毎日使う英語を身につけましょう!

私の名前はアーサーです。profile

アメリカのボストンで育ち、シアトルの大学で言語学を学びました。

そして日本語を勉強しているうちに、言語を身につけるには、言葉自体よりも感覚を身につけることがより重要だと気づいたんです。

一緒に私が毎日使う表現や英語の感覚を身につけていきましょう!

初心者や何年も勉強した人に関わらず、このコースではアメリカ出身のネイティブスピーカーのように自然な英語の基本的な会話のし方やコツが学べます。

セッションの内容は私のクライアントと行ったものを取り上げました。

このコースだけでネイティブスピーカーのように話すことができる訳ではないのですが、アメリカ人の自然な会話の「枠」を学び、その「枠」が理解できれば、どんなトピックを学んでもより自然に話せるのです。

この コンテンツを通して、以下のスキルを身につけることができます。

アメリカ人のように、自然な挨拶をしよう!

挨拶だけではなく、アメリカ人が普段「How are you?」を二回聞く理由や相手に合わせた正しい挨拶の仕方や、他の教科書には出ない表現を学ぶ。

アメリカ人のように、 How are you?

「How are you?」にとどまらず、より面白い表現、また相手のコンディションや最近の情報が分かるようにアメリカ人が毎回うフレーズを学ぶ。

アメリカ人のように、遊びに誘おう!

「お茶しない?」「遊びに行こう!」などのアメリカ人がよく使う誘いの表現や自然に話題を変えるコツを学ぶ。

アメリカ人のように、お願いしよう!

「Could you?」に加えて、「Would it be alright if I…?」「Can I ask you something?」などのアメリカ人が無意識に使う表現や非言語コミュニケーションを学ぶ。

アメリカ人のように会話を締めくくろう!

「そろそろ行きます」などと切り出す時に言う言葉や、礼儀正しい会話の終え方を学ぶ。

2020年のオリンピックが近づくにつれて、日本人の英語力はどんどん必要になってきています。実際にこのコースを通して、私のクライアントは自然にコミュニケーションができるようになり、2020年のための準備を進めています。あなたの準備も是非お手伝いしたいです。

IU-Connectと活きた英会話を学ぼう

Add a comment

*Please complete all fields correctly