やりたいことがあっても行動できないのはなぜ?? | IU-Connect

やりたいことがあっても行動できないのはなぜ??

このコラムは「GET THINGS DONE (GTD) 生産力を高めるツール」というシリーズの1つです

作家が知っていて、作家志望者が知らない事実がひとつある。

こういうことだ。大変なのは、書くことそのものではない。

書くために机の前に座ることが大変なのだ。

書くために座るのを邪魔するもの、それがレジスタンスだ。

ー スティーヴン・プレスフィールド「やりとげる力

 

実は、このコラムを書くことはとても大変でした。

いつ書くかを決めて、カレンダーに入れて、IU-Connectのスタッフ間で共有しているスケジュールにも書いたんです。

でもいざ書くとなると・・・

Facebookをずっとスクロールしたり、

YouTubeで新しいiPadの解説動画を見たり、メールをチェックしたりして

いつの間にか1時間経ってい。。。

僕って、仕事の天才ですね(笑)


やりたいこと、やるべきこと、やらなきゃいけないことがあっても、

実際にやらないのはいったいなぜでしょう?

あなたの夢を堂々と阻むのはレジスタンス

心からやりたいこと、やるべきことがある時、実は同時にレジスタンスというものがあなたのすぐ近くに潜んでいます。

レジスタンスというと、反社会組織のようで物々しい雰囲気がしますね。

でも今回のはちょっと違います。

レジスタンスとは、「やりとげる力」の著者であるスティーヴン プレスフィールドによって定義された言葉で、

 

レジスタンスは、目で見ることができない。触れることも聞くことも、そして匂いを嗅ぎ取ることもできない。

しかし、感じ取ることだけはできる。

目標をすぐに裏側にあるレジスタンスが放つエネルギーを感じることは可能だ。

このエネルギーは、何物をもはね返しながら負の方向に働く。

私たちを押しのけ、気をそらせ、なされるべきことから遠ざける。それがレジスタンスの狙いなのだ。

p.27

レジスタンスはいろんな場面でやってきます。やるべきことに取りかかる寸前に

「あっ、Facebookをチェックしよう」

「お腹すいたな、食べてからやろう」

「あっ、先にこれをやらないと」

なーんて具合に。

レジスタンスにはまってしまうと、時間だけが過ぎ、何もやり遂げることができません。

やり始める「領域」にすら入れず終わってしまうことも多いです。

レジスタンスにはまってしまうと、時間だけが過ぎ、何もやり遂げることができません。 やり始める「領域」にすら入れず終わってしまうことも多いです。

自分の夢を叶える、自分の心からやりたいことをやろ遂げるために、

このレジスタンスをどうにかしないといけません。

では、具体的に何をすればいいんでしょうか?

まずは、レジスタンスがひょこっと顔を出す原因を考えてみましょう。

これをすると、レジスタンスがやってくる

大事なことにはレジスタンスがやってきやすいのですが、

SNSやメールをチェックしたりするという軽いことにはレジスタンスが来ないのはなぜでしょうか?

キーワードは、「プレッシャー」です。

レジスタンスを感じるのは、プレッシャーを感じるからです。

人間、大切だと思っていることや、義務感を感じるものは、心理的に重く感じる傾向があります。

「これだけやらないと意味がない」

「うまくやらないといけない」

「これがうまく行かなかったらもうダメ」

という風に思い込みがちです。

例えば、

痩せたい人は

「5ヶ月ぶりだけど、この日に1時間筋トレするぞ!」

英語力を伸ばしたい人は

「外国人と長〜い会話をしないといけない!」

仕事をうまくしたい人は

「プロジェクトの全てをこの日に終わらせる!」

といったように。

どれも結構難しそうですね!

でも人間って、プレシャーや苦労を避ける生き物です。

なのでこのプレシャーがある限り、心はずっとプレッシャーを避け続けたくなります。

そうしている間にレジスタンスが現れ、僕らはレジステンスに飲み込まれてしまいます。

レジスタンスを克服するカギ

重く感じることをやろうとすると、自分にプレッシャーをかけてしまい、レジスタンスが出てくきます。

ではどうしたらレジスタンスに勝てるのか?

そもそもレジスタンスが顔を出さないように、

Show Upする

ことが大事です。

Show Upは英語で「姿を現す」「体を運ぶ」という意味です。

プレスフィールドによるとやるべきことができる場所に行くことです。

レジスタンスを克服するポイントは、

何かをやり遂げようとするのではなく、

れをする場まで足を運ぶ「だけ」でよしとすることです。

1時間筋トレをする      → 筋トレ用の服を着るだけ

外国人と長い会話をする    → 外国人がいる場所に行ってみるだけ

プロジェクトを全て終わらせる → パソコンを開いてプロジェクトの計画表をみるだけ

 

これら「show up」は些細なことで、やっても意味がなさそうに思えるかもしれません。

だから多くの方は「show up」をしてみません。

でも実は、この小さな「show up」こそ重要なカギであり、「show up」には巨大な力が宿っています。

 

Show Upすると、自分がこう変わる

どれだけ小さくても、行動すると自分の中で変化が起こります。

自分の体が「行動力がある!」というメッセージを発し始めます。

なので、続きもやってみたくなります。

Show Upすることでレジスタンスを回避し、アクションの領域に入ると、

最後までやり遂げることが以前よりずっと簡単になります。

Show Upすること

Show Upすることでレジスタンスを回避し、アクションの領域に入ると、 最後までやり遂げることが以前よりずっと簡単になります。

ぜひ、一度やってみてください。

このちょっとした工夫で、やり遂げる力をもらい、自分の夢や目標に一歩近づけるはずです。

あなたはどのようにShow Upする?

では、今回のコラムが以上となります。

いかがでしたか?

実際にやってみないと何も変わらないので、早速学んだことを実践してみましょう!

今、ちょっとプレッシャーを感じているかもしれませんね(笑)

でも安心してください。

今回は、あなたが気軽にできる、

あなたの夢を向かう「show up」を考えてみましょう。

  1. あなたのやり遂げたい、叶えたいことを考えてください。
  2. それから、その夢と向き合うためにあなたがいつでもできるちょっとした「show up」を考えましょう。

忘れないでください。ちょっとしたことの方がいいです。

30秒でできること、「これをやっても意味あるかな?」と疑問に思うほど小さなことの方がオススメです。

僕の場合は、ポッドキャストの更新をずっとサボっている

Show Upとして毎日パソコンのワードを開いてみます。

あなたが考えたことをぜひ、コメント欄でシェアしてください!。

I’m looking forward to seeing what you write!

応援しています!

アーサーより

Blog Comments

やりとげる力、すごくひかれて、買いました
。心に響きました。今日から行動が2つ変わりました。教えて下さってありがとうございました。

書かなければいけない手紙を2週間も書かないでいたので、便箋とペンを机の上に置きました!

やらなきゃいけない事って 何故か始められない・・
その訳が何となく分かって 参考になりました
Show upの方法・・私は良く歯磨きします

自分の周りはレジスタンスだらけでした。それはプレッシャーを感じているからなんですね!ジャストミートです!でもshow up する事でレジスタンスを遠ざける事が出来る事も実感出来ました。私は最近やらなければいけない事に追われていつもレジスタンスが現れていました。まず携帯をシャットアウト!するとやらなければいけない事に集中する事が出来たのです。携帯はちょっと大きなshow upでしたがレジスタンスを回避出来た経験は私のこられからの行動に貴重な経験となりました。私の目下のshow up は英語の正しい発音を身につける事。正しい発音によってコミュニケーションが取り易くなると思っています。show up の仕方は人それぞれ違っていて良いと思います。発音よりまず話しかける事、これも然りです。ただ私は小心者者なので少しでも自分なり自信を持ちたいのです。でないとshow upすら出来なくなってしまいそうです。もちろん完璧は目指していません。少しでも自信が持てた段階で実践も行なっていこうと思っています。でないといつになったらコミュニケーションが取れるのかって話になってしまいますよねー!!

新しいシステムの説明会の前にマニュアルを読んでおこう、と思いながら、三連休の最終日。追い詰められて、だらだらと昼寝。
まさに、レジデンス。
読むだけでは理解不能なマニュアルを、広げて質問したいポイントをメモします。

どうもありがとう。

ありがとうございます!

英語に関しては、ユーコネクトのメールを読む(コラムや動画、用意されている課題一覧に取り組めていないから)
資格関係(本を手に取る)

コメねとありがとうございます!
とりあえずやりたいことができる場所に行けばいいですね。例えば外国人がいる場所とか

難しいことがあるかもしれませんが、応援しています!

やるべきことは分かっているのに、ついゲームをしてしまったり、いたずらに時間を無駄にしてしまうことが多々あります。今回の内容にはすごく共感します!私を苦しめているものは「レジスタンス」だったのか~と納得しました。「敵」がわかればあとはそれに立ち向かうだけです。「show up」としては、まずお化粧して外に出ます!

素晴らしいコラムありがとうございました。

ありがとうございます!次のコラムも楽しみにしています

ありがとうございます。早速コメントしました。夢がありますが叶うわけがない…と思っている部分があります。それは資金だったり、家族だったり。今何が出来るのか模索していますが、迷わず簡単な無意味かもしれないことから踏み出そうと思います。
なんとなくわかっていても、出来ない自分がいます。まず見ることから始めようとおもいます!

コメントがありがとうございます!次のステップを将来のコラムでシェアします。

Add a comment

*Please complete all fields correctly