これでもう、Other, the other, anotherの使い方を間違えない! | IU-Connect

これでもう、Other, the other, anotherの使い方を間違えない!

I want another one, I want the other one.

こういうフレーズを、どうやって使い分けるんでしょうか?

another”“the other”はあなたもよく使うフレーズだと思いますが、正しく使い分けられていますか?

いろんなところで論理的(ろんりてき)にこれらのフレーズを教えているところがあります。でもあなたは話すときに論理的に考えて話しませんよね。感覚やフィーリングで話すはずです。

このエピソードでは、これらのフレーズを感覚に基づいてどのように使い分けるかをシェアしていきます。

コラム

今日はこの“the other””another”というフレーズをやります。

それぞれ見ていきましょう!

The otherの紹介

Otherという言葉はそんなに難しくありませんが、この言葉の前に来る冠詞(かんし)の“the”が重要です。

すべてのネイティブスピーカーなのかはわかりませんし、あくまで僕の感覚ですが、僕が冠詞の”the”を使う時はなにか特定されたもの、明確なこと、それがなんであるかを自分も相手も知っているというメッセージが込められています。

なので通常“the other”という言葉を使う状況は二つの選択肢がまさにあなたの前にある状況です。

A: We have two, do you want this one?
B: No, I want the other one

A: Do you want this pen?
B: No, I want the other one.

さあ、まず発音を確認しましょう

このフレーズを自然な感じに発音するコツはなんでしょう?

そのコツはそれぞれの二つの単語の音を同じようにハッキリとは発音しないということ。リズムをつかむことです。英語では、重要な音をはっきりと大きく発音します。逆に重要でない言葉はあいまいに発音します。

このフレーズでは、otherなのでそれをしっかりと発音し、theも大事なんですがはっきりとは発音しません。

実際に多くの場合、the Eの音はother Oの音と混じって“thother”のようになります。

A: Do you want this pen?
B: No, I want “thother” one.

文字だと2つの言葉ですが、気持ち的には一つの言葉のようになります。なので発音も一つの言葉として発音するんです。

では練習してみましょう!

I want the other one.

Can I have the other one?

Where is the other one?

さて次はanotherについてです

Anothera otherの組み合わせです。

じゃ、なんでNが入るの?なんでeotherじゃないの?と思いますね。

なぜなら、ネイティブスピーカーはめんどくさいルールを作るのが好きなんです。

あはは、冗談ですよ。NAと母音で始まる言葉の間に加えるのは、発音しやすくするためです。

それはさておき、話に戻りましょう。

冠詞(かんし)のAは特定されていないもの、はっきりとしたイメージがないとき、またはあなたが話していることがなんであるのかを相手が知らないときに使います。

なので、僕たちはほかに選択肢がない場合、もしくは2つ以上の選択肢があるときにこのフレーズを使います。

Like in this example sentence:

A: “Here’s a pen, do you want it?”
B: “Umm, I’d like another one”

え?なんで?と思いますよね。

なぜなら、その人はほかのペンを持っていません。

だから彼の頭の中では特定のペンを持っていないということになります。

思い出してください。冠詞のAひとつのという意味です。

なので一つのものにしか使えません。

もしあなたが一つ以上のものが欲しい時にはI want other ones”ということになります。

それでは発音をみていきましょう。

The other と同じでメインの言葉はotherです。そう、なので冠詞のAははっきりと発音しません。

実際に多くの人がaを全く発音しません。

しかも書く時でさえaを省いて(はぶいて)I want  ‘nother oneと書かれているのを見ることがあるかと思います。

ここのポイントは僕が思うに…“アメリカ人は母音(ぼいん)が嫌い! あはは

まぁそういうわけじゃないだろうけど、実際に母音を無視しますね。

きっと皆さんが読まないであろう英会話メルマガのようなやつですね。・・・僕のメルマガほどは読んでないでしょ??・・・なんてね(笑)

さ、練習しましょう!

Together, lets practice saying “I want another one” together

Ready? Go!

“I want another one” x3

今回のエピソード、楽しんでいただけましたか?

でもちょっと質問があります。

明日、外国人を目の前にして実際の状況で今日学んだことを正しく使えますか?

それがたいての日本人が抱える悩みで、頑張って勉強するのに実際の状況になると全く使いこなせないんです。

そしてまさにこのことがユーコネクトとして皆さんのお役に立ちたい部分なんです。学習の手助けだけではなくて、実際に外に出て使えるようになるためのお手伝いをします。

英語を学ぶだけでなく、リアルな世界で実際に外国人と話したいのなら、無料ガイドを用意しています。

僕自身の日本語を学習した経験、多くの外国人との経験を基に作りましたので、きっとあなたにも役に立つと思います。

こちらから手に入れられるので是非どうぞ!

一緒に世界と繋がりましょう!

アーサーより

Blog Comments

That’s—-という返答の仕方だけでなく、色んなシチュエーションでの返答の仕方を教えて欲しい。

Add a comment

*Please complete all fields correctly