日本人は自分の顔を指差します。ではアメリカ人は? | IU-Connect
8

日本人は自分の顔を指差します。ではアメリカ人は?

自分を指差す時、どこを指しますか?

外国の方々とはきっと違うはずです。

2月下旬のミシガン州でした。
僕は2年ぶりにいとこを訪問していました。

その2年の間にいとこのカメロンがお父さんになりました。

可愛い息子のエイデンに向かって、自己紹介しました。

笑顔で「Hello! My name is Arthur!」と自分を指差しながら言いました。

すると、

「Arthur… what are you doing?」

といとこのケイディーに言われました。

そこで、僕は気付きました。

日本に住んでもう3年ほど経って、無意識にやっていたのです。

いつも通りに自分を指差したのですが、アメリカ人のケイディーはすごく変に感じたようでした。

どうやったかというと、

顔を指していたのです。

日本人は鼻を指します。でもアメリカ人は?

日本の方々にとってさりげないことかもしれません。

でもアメリカや多くの外国では、自分を指差す時に違うジェスチャーをします。

僕はアメリカ人のくせに、日本人のように指差して、いとこにおかしく思われたのです。

アメリカや他の外国だと、自分を指差す時に何をするんでしょうか?

胸を指します。

  

アメリカ人は胸を指します。

アメリカ人は胸を指します。

この文化の違いは大したことではないかもしれません。

同じような動作を同じような意味でやるのです。

ではなんでこんな話をしているのか?

小さな違い、大きな影響

実は僕も日本人と初めて話した時、顔を指差すことがとてもおかしく感じました。

慣れていない外国人も同じように思うはずです。

顔を指差すことが悪いからではなく、ただ慣れていないだけです。

怒られる、嫌われるほどではありません。ただちょっとびっくりして、「へ?」と思ってしまうことなんです。

しかもあなたの英語の間違いと同じように、しばらくしたら相手は全く気にしないかもしれません。

でもここでは、あなたが歩む道を決断できます。

1. 相手をあなたに合わせてもらう

「日本にいるから、日本の文化に慣れればいい」

文化の違いを無視して、いつも通りに鼻を指差すことができます。

これは悪いわけではありません。日本に来た相手はもちろん、日本の文化をより深く知りたいはずです。でもさりげなく顔を指差した瞬間に、

相手は混乱してしまうかもしれません。その瞬間今までの楽しい会話にフォーカスできなくなるかもしれません。

その瞬間に、

僕が日本の方と初めて話した時のように、

いとこのケイディーが見た時のように、

距離感を抱いてしまうかもしれません。

一瞬だけですが、距離感があるというのは事実です。

一瞬だけといっても、できる限り相手と仲良くなり、コネクトする障害の一つになってしまいます。

他の道もあります。

2. 相手に合わせてあげる

コネクターは単に英語を話したいだけではなく、外国の方々や世界とコネクトしたいと思っています。

そのために、小さなことでもなるべくコミュニケーションの障害を取り除きます。

顔を指差す代わりに、胸を指差すことができます。

もしくは鼻を指差したことを日本の文化を教えるきっかけにできます。

顔を指差したらこう言えます。

「In Japan, we point at our faces.」

日本では、胸ではなく顔を指差します。

What do you do where you’re from? 」

これで、もう1つの混乱、

相手とコネクトするもう1つの障害をなくすことができます。

ここで聞かせていただきたいことがあります。


どちらにする?

相手との文化に違いがあるとき、以上の2つの道をご紹介しました。

  1. 相手に合わせてもらうか
  2. 相手に合わせてあげるか

のいずれかを選択できます。

 

この場合、あなたはどちらを選びますか?

以下のコメント欄で教えて下さい。

また、他に面白いコメントがあれば、ぜひそのコメントに「reply」を押して返信してください。

いつも応援しています!

アーサーより

Arthur (IU-Connect)
 

初めまして! 英語コーチのアーサーと申します!

Click Here to Leave a Comment Below 8 comments