英文法を学ぶ意味って本当にあるの? | IU-Connect
31

英文法を学ぶ意味って本当にあるの?

「一体何を勉強してきたんだろう!?」

と僕は落ち込んでいました。

2007年の夏に、大阪に来たばかりの頃でした。

4年間にわたって

テキストを何冊も買ったり、漢字を数百字学んだり、Podcastを聞いたり、週1回のマンツーマンレッスンも受けたり

日本語を毎日一生懸命勉強していました。

そこで、1ヶ月間のホームステイをするために大阪に行くことになりました。

本当に夢のようでした。日本語を必死に学んだり、現地の方々と楽しく会話をするシーンをイメージしながら飛行機に乗りました。

でもホームステイファミリーに会った時、どうなったでしょうか?

アーサー:「アーッ、クニーチーワ。ヮターシワ。アーサーです。」

お母さん:(○▼※△☆▲※◎★●!)

アーサー:「アーッ、ナニ?モーイッカイ?」

2007のアーサーとホストマーザー

全く話せなかったんです!

I couldn’t speak at all!

その夜ベッドの中で落ち込んで、自分にイラっとしました。

自分自身にがっかりしていたのです。

「一体どうしたんだろう!?」

4年間勉強したのに、全く話せないままなのはなぜでしょうか?

ホームステイの時に、この問題にやっと気付きました。

日本語が分からなかったからではなく、

大阪弁だったからでもありませんでした。

その4年間でずっと学んできたのはコミュニケーションではなく、文法だけだったからなんです。

そのとき、文法ではなくコミュニケーションを学ぼうと決意しました。

文法のルールや文章作りの代わりに

「質問に答えること」「自分の意見を言うこと」「話を語ること」「説明すること」などの

日常生活で触れるコミュニケーションを学び始めました。

そこであっという間に日本語が話せるようになり、

日本に留学に来ました。

そして今あなたにこのようにメールを書けるようになりました。

でも僕だけとは限りません。

ユーコネクトで出会った

以前文法や例文に重点を置いて勉強しても話せなかった生徒さんが多くいます。

発言する前に頭の中で一生懸命文章を作ろうとしたり、間違えるのが怖くて何も言えなかったりしていました。

でも中学校で学んだ英文法を使ってコミュニケーションを学び始めたら、あっという間に英語を話せるようになりました。

しかも、外国人の友達を作って、英語を通してワクワクする生活ができるようなった方もいらっしゃいます。

きっかけは「文法をもっと学ばなきゃ」というマインドを無くし、まずは「コミュニケーションをとる」というマインドを身につけることでした。

僕の経験から、基本の文法を学んでからすぐにコミュニケーションを学び始めることが何よりです。

それはあくまでも僕の意見ですが、あなたはどうですか?

あなたの貴重な意見はとても大事です。

英語を話せるようになるために、文法をたくさん学ぶ必要があるかどうかについてどう思っていますか?

こちらからご意見を聞かせてください(クリック)

また、共感するコメントがあれば、ぜひReplyしてください。

IU-Connectメールサークルの皆様と一緒にDiscussionしましょう。

こちらからご意見を聞かせてください。(クリック)

いつも応援しています。

I support you!!

アーサーより

Arthur (IU-Connect)
 

初めまして! 英語コーチのアーサーと申します!

Click Here to Leave a Comment Below 31 comments