12

「YOUは何しに日本へ」って英語でなんというのでしょうか?


 

「YOUは何しに日本へ?」という番組をご存知ですか?

とても人気のある番組ですね。そしてこれはたった1つの質問に基づいています。

「何しに日本へ来ましたか?」

このような質問は、外国人との初対面の会話を自然で面白くする質問です。

でも、実際に英語で何と言うのでしょうか?

僕の多くの生徒さんは優しくするつもりで英語でこの質問をしようとします。

しかし・・・

聞き方がとても冷たくなり、逆効果になってしまいます。

相手と仲良くなるはずなのに、それに気づかずに冷たいと思われ、会話のテンションが一瞬で下がってしまいます。

一体なぜでしょうか?

多くの日本人は大体、こう聞くのです。

「Why did you come to japan?」

この「日本になぜ来たの?」という意味の質問は日本語では別に悪い印象がないはずです。

でも英語では完全に印象が違います。

ではなぜこの質問は印象が悪いのでしょうか?

代わりにどんな風に聞けばいいのでしょうか?

まずは、ご注意いただきたいことがあります。

 

何より、言葉ではなく言い方

以前のコラムでは、コミュニケーションの大半は言葉ではないということをお伝えしました。それが事実なんです。

「Why did you come to Japan?」という質問は基本的に冷たくて距離感があるのでオススメできません。

しかし、言い方によって印象がだいぶ変わります。

以下の録音をご覧ください。

<優しい言い方>

<優しくない言い方>

僕が、同じ言葉を言っても、言い方次第で印象や意味がだいぶ変わりますね。

1つ目は単に気になって優しく尋ねる言い方です。

2つ目は冷たくて印象が悪い聞き方です。

1つ目のように優しい言い方がありますが、非ネイティブの方々の場合は発音やリズムをうまく捉えられないため、とても難しいです。

優しく尋ねたはずなのに、会話のテンションが下がってしまう可能性がとても高いです。

ではこの尋ね方はなぜ冷たいのでしょうか?

 

「Why」の感覚

このフレーズの問題は「why」という言葉にあります。

「why」は単語としてとても短くて、アメリカ人はイライラするときによく使う言葉です。

「Why did you do that?」

言い方にもよるのですが、基本的にとても冷たい聞き方です。

アメリカ人はよく「why」の代わりに「what made you」を使います。

印象がより冷たくなくなります。

Why did you do that? (冷たい)

What made you do that? (より冷たくない)

What made you decide to do that? (さらに冷たくない)

ですので「why did you come to Japan?」の代わりに

What made you come to Japan?

という言い方をオススメします。

でも、さらにオススメな言い方があります。

 

とてもフレンドリーな言い方

実は、冷たくないだけではなく、逆にとてもフレンドリーで、アメリカ人がいつも使う決まり文句があります。

このフレーズを使うと、相手に興味を抱いていることを伝えられ、会話の雰囲気を一瞬で温かくすることができます。

What brings you to Japan?

です。

このフレーズの直訳は「何があなたを日本に運んできたの?」です。

直訳すると一見、とてもおかしいですが、きっとおかしいからこそ温かく感じます。わざと正式な英語を使わないから、雰囲気を明るくし、会話が続けやすくなります。

では、「何をしに日本へ?」の一番自然な英語の言い方は恐らく

What brings you to Japan?です。

今度「なぜ日本に来たの」を聞きたいときに、「what brings you to Japan?」とぜひ聞いてください。

 

アーサーより

 


Arthur (IU-Connect)
 

初めまして! 英語コーチのアーサーと申します!

Click Here to Leave a Comment Below 12 comments