1

【本棚にほこりの被った英語教材がある方必見!】英語を学ぶ時間を確保できる簡単なコツ!

 

ある日、本屋さんで新しい英語のテキストを見かけます。

「へ〜、面白そう!」と思って、ワクワクしてすぐに買います。

そしてテキストを開いてじっくり読み始めます。

いつの間にか時間が経ち、用事があってそろそろ行かないといけません。

「まぁ、あとでまたやろう」と思い一度教科書を本棚に置きます。

でも家に帰ったら、その教科書を取り出すことはありません。

「今はちょっと忙しいから、明日にする」

次の朝に起きて、仕事の準備ができたら昨日のとても面白かったテキストをまた見かけます。学びたいとは思っているのですが、

「今仕事に行かなきゃ、家に帰ったらまたやればいいや」

と思い、家を出ます。

それから2日間経ちます。そして1週間、2週間、1ヶ月、半年経っても、

その教科書はずっと本棚に置きっぱなしです。

「また学ばないと」と思っているし、自分の英語力が最近伸びていないのが分かっているのですが、最近忙しくて学ぶ時間をなかなか作れません。

あなたはYouTubeの動画を観るだけではなく、実際に英語を夢中に勉強したのは

どれくらい前ですか?

英語をもっと学びたいけど、時間がない。

仕事で忙しいし、仕事以外にも友達との時間や他にやることがあって、英語を学ばずにいつの間にか時間が経ってしまうことは珍しくありません。

だから単語を忘れてしまう

だから自分の英語力があまり伸びていない

一回学んでも、次回学ぶまでにその内容をほとんど忘れてしまうのです。

どうすればいいのでしょうか?

実は、意外と簡単なテクニックで英語をしっかり学べ、さぼらなくなります。そして

英語を定期的に学べます。

英語力がスムーズに上がります。

学んだことをちゃんと身につけられます。

このテクニックとは?

どんなに忙しくても、「英語を学ぶ時間がない!」と思わなくなる

カレンダーテクニック

忙しい日常生活ではやることが沢山あります。

  • 仕事に行ったり
  • 用事があったり
  • 料理をしたり
  • 友達との予定があったり
  • 他にある趣味を楽しんだり

その全てを一体、どうしたら出来るようになるのでしょうか?

そのために、あなたの生活を整えるツールを利用しています。カレンダー(スケジュール帳)です。やるべき、もしくはやりたいことがあれば、忘れずに見逃さないようにカレンダーに書いておきます。

でも英語を学ぶ時間はきっと、書いていないのではないでしょうか?

カレンダーにないと、存在しない

僕もやることがありすぎて困っていることがたくさんあります。ユーコネクトのコラム、動画、マンツーマンレッスン、ポッドキャストを全て自分でやっています。それ以外にもたくさんあります!

僕の場合、カレンダーに予定を書かないと、覚えている確率はおよそ0.007%だと思います。

しかし「後でやる」代わりにカレンダーに書けば、サボることがほとんどなくなります。

それが「カレンダーテクニック」です。

このテクニックを英語学習に利用することもできます。

でもわざわざカレンダーに書く必要があるのでしょうか?英語を学ぶ時間を細かく予定に書くと・・・

学ぶ時間をしっかり覚える

予定などを手で書くと、記憶と強く結びつき、忘れる可能性が低くなります。

英語の場合もそうです。英語をいつ学ぶかを具体的に書けば、脳に無意識的なメッセージを伝えることができ、書いたことが頭に残ります。

でも記憶を強めることと限りません。

英語を学ぶ時間が守りやすくなる

あなたは英語を学びたいから、一応週末に学ぼうと思います。

でもいきなり友達からの連絡が来ます。「ランチしない?」

あのアボカドの料理がとても美味しいレストランです。

ワクワクして「行く!」と友達に返します。

その瞬間には気づかなかったのですが、またやってしまいました。

英語を学ぶはずの時間を潰してしまったことを。

僕が予定を必ずカレンダーに書いておく理由の1つは、予定がかぶらないようにするためです。

友達に「アーサー、木曜日の12時にランチしない?」と誘われたら、やることがあるかどうかをすぐに確認できます。

英語を学ぶ時間でも同じことができます。

英語を学ぶ時間をカレンダーに書くことによって、守れる具体的な時間のくしょがあります。友達との予定や、仕事の用事から守れるのです。

次回、他の予定を作って英語を学ぶ時間を見逃すのではなく、予定を30分後にするか学ぶ時間をちょっとお早めにすることができます。

しかも・・・

あなたのモチベーションにもなる

前にこんな目に遭ったことがあるはずです。

疲れる仕事の1日が終わり、23時ほどに家にやっと帰ります。

靴を脱ぎ、いつもと同じ椅子の座り、暖かいお茶を飲みます。

そこで思い出します。

家に帰ったら英語を学ぶはずだったのですが、

今はとても疲れたし、「もう寝る時間」。

「明日にしよう」と思ったら、英語を学ぶ時間をまた逃してしまいます。

その気持ちが良く分かります。とても疲れているし、リラックスする時間も必要です。

僕もたまに寝る準備をし、まくらに頭をそっと置こうとしたところで、

思い出してしまった。

新しいコラムを投稿するのを。

そのときは「何より寝たい!」と思っています。しかしカレンダーに書いて、カレンダーに入っている予定が自分の目で見えるので、責任感が湧いてきます。

予定をカレンダーに書くことによって、毎週引き続き新しいコラムや動画を出すことができます。

カレンダーに予定を書くと、その予定が大事に見えます。カレンダーに書かれているおかげで、疲れている時や他にやりたい時に負けません。

もう行き詰まって、

がっかりする必要がありません。

英語力を伸ばすカギの一つは頻繁に学ぶことです。それを、このテクニックで簡単にできます。

通勤の時に、自分の英語を学ぶマイタイムを楽しみにしています。

邪魔することなく、あなたが英語を学ぶ時間です。

カレンダーテクニックを今すぐ使う!

あなたはカレンダーテクニックを今日から活かすことができます。今日から、もう英語を学ぶ時間を逃す必要がありません。

さっそくやりましょう!

①カレンダーを開いてください。

②前の2週間の中で一番空いていた時間を見つけてください。

③来週のその時間を30分ほど埋めてください。それがあなたの英語を学ぶ時間です!

あなたは来週のいつにしましたか?下のコメント欄で教えて下さい!

アーサーより

 

Arthur (IU-Connect)
 

初めまして! 英語コーチのアーサーと申します!

Click Here to Leave a Comment Below 1 comments