なんだって?!ネイティブでさえ、英語を聞き取れない?! | IU-Connect

なんだって?!ネイティブでさえ、英語を聞き取れない?!

 

アメリカ人の僕でさえ、英語を聞き取れないときが沢山あります。

 

友達がバーに入った時、英語でこう尋ねました。

 

「Cow wrong were your ear?」

 

えっ、なに言ってるの?って思いました。

「…sorry, could you say that again?」

「Come on, Arthur! Cow wrong were your ear?」

 

さらに二回ぐらい繰り返したら、やっと、分かりました。

「How long were you here?」

 

実は、ネイティブの僕さえ、こんな簡単なことも聞き取れなかったんです!!

 

でもよくあります、こんなこと。

 

その理由は、

海外に長く住んだからかな、日本語を勉強しすぎたからかなって何回も思いました。

でも、英語を聞き取れなくても、会話は脱線しません。

コミュニケーションの障害になりません。

友達が言ったことが聞き取れなくても、その後は楽しく会話できて、とても良かったです。

アメリカ人でさえ、英語を100%聞き取れないって?!!

間違えは上達のもと

あなたは、英語を聞き取れなくて、恥ずかしいと思うタイプですか?

 

ええ、その気持ち分かります。

 

でも、その気持ちを克服しないと、問題があります。

英語を間違えなかったら、一切うまくならないということです。

もし頑張れば、もしいっぱい間違えたら、英語ができるようになります。

 

ネイティブさえ、聞き取れないこともある

英語を100%聞き取れないネイティブは僕とは限りません。

ネイティブは誰でも、100%聞き取れないわけです。

 

でも聞き取れないときに、恥ずかしくならず、「もう一回言って」と尋ねて会話が進みます。あなたは、日本語でも相手の言ってることを聞き取れなかったことがありませんか?

ネイティブでさえ聞き取れなくても笑われないのであれば、

 

英語をまだまだのあなたは聞き取れなくても、恥ずかしくなる必要はないですよね。

相手は完璧に英語ができないのをまだ分かってくれているのです。

 

外国語を聞き取れなくても大丈夫

僕は英語でも聞き取れないことがあるなら、日本語だとなおさら間違いが多いでしょう。僕は字幕なしで日本語の映画を見る時、60%しか聞き取れないです。

会話では、相手にいつももう一回言ってくれるようにお願いしなければいけません。

でも結局、相手がわかってくれるし、会話が楽しく進みます。

 

会話の途中で

聞き取れなくなったら、以下のことが助かります。

 

聞き取れないときに、笑う

日本人の彼女と日本語で話しているときに、

聞き取れないことが逆に面白いことがあります。

 

例えば、京王線の電車でこんな勘違いがありました。

僕があくびしたら、

彼女:アーサー、鼻くそがついているよ。

アーサー:まぁね、来月歯医者に行くからなくなるよ。

彼女:???

(ポイント:歯クソだと勘違いました。)

 

ちょっと笑ってから、会話が普通に進みました。恥ずかしいことはなかったです。

聞き取れないときには、「もう一回言ってくれる?」

そんなに仲良くない人と話しているときに、僕はできる限り役立つフレーズを思いだして使ってみます。

相手が聞き取れないときに、何が言えるのでしょうか?

このコラムでとても役立つフレーズを紹介します

以上のフレーズを学んで、ぜひ使ってみてください。

でも最も大事なことはコレです。

 

怖がらないでください。

僕も昔、怖かったです。

「聞き取れなくて迷惑をかけちゃうかな?」

「聞き取れなくて恥ずかしくなるかな?」

 

悩みがいろいろありました。

 

でも、その悩みのせいで日本語を使っていなかったとしたら、

  • いっぱい友達ができなかった
  • 人生が豊かにならなかった
  • ユーコネクトであなたへ英語を教えられなかった

ということになっちゃいます。

 

あなたもユニークです。英語で話してみないと、あなただけの特別なことを世界の人々とシェアできなくなります。

 

あなたこそ、英語を話して世界とつながることが絶対にできます。

 

恐怖に抑えられなかったら、

いっぱい話してみたら。

最も大事なことは

これから、特別なお願いがあります。僕はこのメッセージを日本全国の皆様へ伝えていきたいと思っています。でも僕はただ一人なので、たくさんの人にこのメッセージを届けることができません。

 

あなたの周りに英語を勉強している友達がいたら、ぜひこのメッセージをシェアしてください。

日本がもっと国際的になるように。

直接メールで送ってもいいです。

もしFacebookかtwitterで伝えたい方がいらっしゃいましたら、

以下のボタンからシェアしてください!

 

[social_sharing style=”style-3″ fb_like_url=”https://iu-connect.com/ec-032/” fb_color=”light” fb_lang=”ja_JP” fb_text=”like” fb_button_text=”Share” tw_text=”なんだって?!ネイティブでさえ、英語を聞き取れない?!” tw_lang=”ja” tw_url=”https://iu-connect.com/ec-032/” tw_name=”@iuconnecttokyo” tw_button_text=”Share” g_url=”https://iu-connect.com/ec-032/” g_lang=”ja” g_button_text=”Share” alignment=”center”]

 

あなたは英語を話す時、何が怖いと思っていますか?

下のコメント欄で話しましょう!

ではまた次回、楽しみにしています!

アーサーより

signature

 

 

 

 

Blog Comments

[…] ネイティブが聞き取れないなんて、そんなアホな!と思ったあなたは、こちらのブログを読んでみてください。→なんだって?!ネイティブでさえ、英語を聞き取れない?! […]

[…] ネイティブも聞き取れないことが本当にあるの?と信じてくれない人は、こちらのブログを読んでみてください。→なんだって?!ネイティブでさえ、英語を聞き取れない?! […]

Hello!! Arthur! How are you doing??
連日のコメントですみません。

実は私は何度も何度も、スランプにおちいり、
英語を勉強しすぎて、夜も眠れない。
英会話後は緊張感が解けて、もうぐったりフラフラ。たった30分くらいのレッスンなのに、極限の緊張感。しかも、日本語禁止の、英会話教室なので、その部屋に入ると、たまに、音楽の話をしていても、わたしのファンのアーティストでさえ、もう出てこない。
頭はパニック。
え?日本語が出てこない。完全にGo blank 状態でした、

でも、元々外国語大学に進み、英語の勉強をしたかったので、けっして諦めることはしなかったんです。
でも最近、何か間違ってないかな?
そもそも私の目的は会話を楽しむ事だったはずなのに….
と、考え直し、ユーコネクトで、学んでます。

ネイティヴが英語を聞き取れない。という話を以前聞いたことがあり、英会話教室に行ってた時にアメリカの先生にそんなことがあるのか。聞いたこともあります。

即答。”そりゃあるよ。だって、日本語だって、関東。関西って言葉違うでしょ? ぜんぶ理解できる?”

確かにそうですね。
それにしても、アーサー先生は10年間も勉強されてるんですよね。すごいと思います。
わたしはまだまだ2年しかしてないので、これからも続けていきたいと思っています。

Hello there Arthur!! Thank you for always such wonderful articles!! I appreciate!!

私の場合、最大の恐怖はやはり間違えることです。会話の場合、そこまで正しい文法を意識してしまうと、気持ちのキャチボールが、できなくなりますよね。ですから、頭の中では理解しているのですが、やはり、ネイティヴとの会話になると、自信がなくなり、声も小さくなっていきます。

でも、これではいけないとある時考え直し、
聞かれるのを待つのではなく、こちらから挨拶したり、最近の出来事を聞いたりするように心がけました。
それから、先生と生徒の関係ではありますが、
人と人としてのこころの繋がりを感じられるようになりました。

カナダの先生は小さい頃、雪の上にメープルシロップをかけて食べていた話をされました。
その時
実際にその光景が頭の中に浮かんできたのでとても不思議でした。
アメリカの先生は、日本の映画館の静かさに驚き、終わってからもみんな静かに歩いていて、
まるでお葬式みたいで大変ビックリされたそうです。アメリカでは終わってからもその映画についての話をしたりするのに、なんか変な感じだったと。

私のリスニングレベルでは全てが聞き取れてるわけではないと思いますが、その話を聞いている時は、とても居心地が良かったのを、ハッキリ覚えています。
なんか穏やかな空気に包まれていました。
何より、楽しそうに話をされたから、やはり、その気持ちが移ったのでしょうね。
アーサー先生が動画で相手の気持ちが移ると言われていたのでまさにその通りだと思います。

私も笑顔で会話するように心がけています。
間違えることは変わらず怖いです。
でも間違えから学べることも多いと思うので
今後はその先に目を向けていきたいと思います。
長々すみません。
とても勇気づけられたコラムでした。

こんにちは。私は、話が盛り上がっている時に聞き返して水を差してしまうのが怖いです。
発音が間違っているかもしれない、言い回しを間違えて、失礼な事を言ってしまうかもしれない、という恐れもあります。
三人以上の会話だとついていけず、会話から取り残されたままになりがちです。理解して返すまでが遅いので、遅い返事を待ってもらうのも、悪いなあと思って気遅れしてしまいます。
「自分の英語が上達するまでは、ちゃんと話ができない」と思っていました。でも「もしいっぱい間違えたら、英語ができるようになります」 と書いてあるのを見て、間違える勇気がちょっと出ました。
とても励まされる記事でした。ありがとうございます。

Rinさん、コメントありがとうございます。
僕もそんな思い出がたくさんあります。日本語の教師に鍋パーティーに誘ってもらい、5人の会話に入ってしまったんです。ほとんどわからなかったのでうまくコミュニケーションできなかったです。

でもそのときにも自分のリスニング力がなんとなく上がった気がしました。

間違えることも怖いかもしれないですが、やっぱり間違えないと英語力が成長しませんよね。

10年間をかけて日本語を勉強してきた僕さえ、まだまだ間違いだらけですけどね(笑)。

間違えても、楽しいと思います。

相手に対して、申し訳ないと思ってしまう。聞き返して分かった時はいいけど結局分からない時もあるし。コミュニケーションって言葉だけじゃなく、その時の雰囲気を共有するものなので、聞き返すことで雰囲気を壊してしまいそう。でも、そんなことにひるんでいては進めないのですね。
最近、ユーコネクトを読み始めました。英語って楽しいんだって思えます。

りかさん、コメントありがとうございます!
僕も聞き取れなくて「雰囲気を壊してしまう」経験がよくあります(笑)。大事なのはガッカリするのはなく、もう一回頑張ることですね。
一緒に頑張りましょう!

こんにちは、はじめてコメントします。
毎回楽しく読んでいます。

今回の文章を読んで泣いてしまいました。
まだ、英語で聞き取れないことがあって、話したいことがすぐに話せなくて、、、そんな自分にイライラしていました。恥ずかしかったり、怖かったり、そういう気持ちよくわかります。

「あなただけの特別なことがシェアできない。」「英語を話して世界とつながることが絶対にできる。」にとても励まされました。
ありがとう。

Sachi,

Thank you so much for your comment.
実は、せっかく作ったコンテンツを発表したら、反応があまりなくてがっかりすることがあります。「これからユーコネクトを続けるには意味あるのかな〜?」と疑うほど自信がなくなるときもあります。

でも今日はとても嬉しかったです。

ちかさんのコメントを読んだら、僕も泣きそうになり、とても励まされました。

ちかさんのために、ユーコネクトで頑張っています。

またお話ができるのを楽しみにしています!

英語でもその方のアクセントや特徴で違いますよね。友達や映画の英語を聞いて聞き取りも難しいと改めて思いました。一方でたくさん聞くことでわかってくることも多く楽しんでいます。

楽しいですね!100%を聞き取れるより、コミュニケーションを重視すると会話がとても楽しくなります。

本当にそうですね!

彼女との会話、とっても面白い!・・・でも、鼻○○だなんて、少しお下品ですね。

怖いことは、英語の先生のように英語を話すネイティブは希(まれ)であるということ。たいてい彼らの話し方はひと癖あります。

例えば、早口、口を開けずモゴモゴ、小さい声でボソボソ、地方アクセント、Rの発音が強すぎる、グラマーの完全無視、などなど。

だから、IU-Cnnectで紹介される具体的な表現方法は大変参考になります。

コメントありがとうございます!

Add a comment

*Please complete all fields correctly