4月 15

道に迷ってそうな外国人を見かけたら、優しくて簡単な話しかけ方| 英語の道案内

 

日本で、道に迷っている外国人を見かけたことはありませんか?

地図を持ち、そのまま数秒間立ち止まっています。

あなたは彼らが日本をもっと楽しめるように、お手伝いしたいのですが、

  • 突然声をかけられて相手は違和感があるかも…?
  • 英語を間違えたら、どうしよう…?
  • 場所がわからなかったら、恥ずかしくない…?

こんなことを考えたことはありませんか?

それではどうやって手伝えるのでしょうか?

このコラムでは、あなたも道に迷っている外国人へ優しく 話しかけ、道を案内できる方法がわかります。

まずは、心配しないで:話しかけるだけで嬉しい

僕も、日本にいた時、道がとても迷いやすいと思いました。

いったい何がどこにあるのか、全くわかりませんでした。

道に迷ったときに、どうしても誰かに声をかけて、助けてもらいたかったです。

外国で迷ったら、ある程度不安ですよね。日本にいる外国人でもそうです!道に迷ったら、周りの人がどんなに多くても一人で孤独だと感じてしまいます。助けようとするだけで、相手は嬉しくなります。

僕もこんな嬉しさを体験したことがあります。日本にいた時を振り返ると一番はっきり覚えているのは優しい日本人が道案内してくれたことです。

ですから、外国人全員に日本でいい思い出を抱いてもらうように、優しく手伝ってみましょう!

言葉より、表情

道案内をしたいとき、どうやって話しかけたらいいのでしょうか?コミュニケーションは単語やフレーズだけとは限りません。表情や態度も大切です。実は、英語をどんなに間違えても、笑顔をキープさえできれば、相手にあなたの優しさを感じてもらうことができ、うまく行きます。

心配せず、英語をしていきましょう。

注意を引く

まずは相手の注意を引くことから始めましょう。これは、学校などで学んだことがあるかもしれません。まずは、

I’m sorry

または、

Excuse me

と言えます。

このフレーズは特に丁寧です。でも多くのアメリカ人は、丁寧さより親しみを重視していますのでフレンドリーに話しかけたいなら、こんなことが言えます。

Hey there

Hi there

Hello

Heyやhiは普段知り合いに話しかける時に使います。なのである程度親しみを感じます。でもその外国人を知らないですよね。そこで「there」を付けます。「There」を付けると、少しだけ距離感が生まれます。

なので「hey there」は、いわば「あなたを知らないですが、優しく話し掛けたいです」というメッセージが伝わります。

Helloは、もともと「hey」や「hi」より距離感があるので、「there」を付けなくてもいいです。

目線を合わせる

話しかけられると、相手は目線を地図などからあなたに移します。その瞬間に

Are you lost?

Do you know where you’re going?

Can I help you find your way?

と言えます。ここから、道案内が正式に始まります。

「大丈夫です」と言われたら、、、

相手は大丈夫なら、

no thanks, I’m fine.

No, I’m alright, thanks

などといったフレーズを使うかもしれません。この場合は、気にしないでください!前に言ったように、話しかけられるだけで嬉しくなり「日本人って優しいね!」と思ってもらいます。

会話を優しく、自然に終えるにはこんなフレーズが使えます。

No problem! Just asking.

Alright, just asking.

「just asking」というフレーズは、相手からプレッシャーを取る役割とします。さっき、相手に「道案内させてもらえませんか」のような依頼をしました。何か依頼されたらある程度プレシャーを感じるのではないでしょうか?このフレーズは、その依頼のプレッシャーを和らげます。

「お願いします!」と言われたら、、、

でもおそらく、相手は実際に道に迷っているかもしれません。もし本当に迷っている場合、こんなフレーズで答えるかもしれません。

「uh, yeah I am.」

「Yeah please」

そしたらすぐにこんなフレーズを使って、道案内を始めることができます。

「ok great, where are you headed?」

「alright, where do you want to go?」

最初に「alright」か「ok, great」というフレーズを使いましたよね。このフレーズは「会話は次の段階に入って行きます!」というメッセージを伝えます。

「ok」と「alright」は了解という意味を表し、「great」はあなたの嬉しさを伝えます。

例文収集

Hey there!

Hi there!

Are you lost?

Can I help you find your way?

No thanks, I’m fine.

No, I’m alright, thanks.

No problem, just asking.

Uh, yeah I am.

Yeah, please.

Alright, where do you want to go?

Ok, great. Where are you headed?

さあ、どうでしたか?今度道に迷っている外国人を見かけたら、このガイドを使ってみましょう!

この内容を学びたい知り合いはいませんか?ぜひこのコラムをシェアしてください。

この内容についてご質問はありますか?下のコメント欄でシェアしましょう!

アーサーより

signature

 

 

 

————————————————-

次:駅での道案内、アメリカ人が実際に使う英語


Tags

外国人, 道案内


You may also like

Thanks toとThanks forはどう違う?!感謝をそのまま伝えるために英語学習者が知っておくべきこと

Thanks toとThanks forはどう違う?!感謝をそのまま伝えるために英語学習者が知っておくべきこと

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

  1. はじめまして、YouTubeからこのサイトに来ました。質問が2,3点あります。

    ①失礼ですが、まず聞きたいのが、こんなにコンテンツが豊富なのに本当に無料なんですか?

    ②疑問点などは(英会話表現など)どこに送ったらいいのでしょうか?

    ③今日明らからかに困っている外人さんに知っている英語で声を掛けました。その際
    使った表現が
    “May I help you?”
    なのでですが、これと使用の注意されていた。
    “Can I help you?”との違いはどんな感じでしょうか?

    “May I help you?”で伝わったのかニコニコしながら会話が始まったので間違ってない?
    と思っているのですがニュアンス的にどうでしょうか?

    ④どこに行きたいのですか?を
    “where do you want to go?”といったのですが伝わりませんでした。こんな風に言わないのですか?ちなみに相手はフィリピンの人でした。

    1. コメントありがとうございます!

      ①はい、無料です。このコラムで学んだことを実際にご利用いただければそれが何よりです。

      ②現在、英語に関するお問い合わせを一般の方から承っておりません。

      ③Can I help youはよりカジュアルで、優しい雰囲気がします。言い方にもよるのですが。使う単語自体より、言い方の方が重要なので笑顔で言うのが何よりです。

      ④伝わらなかった理由が複数あったかもしれません。
      実は僕は発音のトレーニングを明日の夜にFacebookで生放送で開催します。発音プログラムも公開する予定ですのでもしよろしければぜひご利用ください。

  2. はじめまして Fujie です 明日からの学習にsubmitしましたが返信がありません とっても楽しみにしています。英語がスムーズに話せたらどんなに素敵なことだろうと思います この機会に頑張りたいです

  3. HI Arthur,
    Thank you for the article.
    It was very easy to understand
    and it’ll help me a lot.
    I want to use those phrases soon!

{"email":"Email address invalid","url":"Website address invalid","required":"Required field missing"}