アメリカのレストランで、英語での簡単な注文|アメリカのレストラン英語 | IU-Connect

アメリカのレストランで、英語での簡単な注文|アメリカのレストラン英語

よし!アメリカでのレストランでドリンクオーダーまで無事に英語で乗り切りました

「Here are your drinks!」

ウェイトレスは笑顔でドリンクを渡します。

冷たいビールが来て、これから美味しそうなメニューを味わいたいです。

注文したい料理を決め、ウェイトレスに視線を合わせます。

ウェイトレスが来ました。

「What can I get for you?」

でも口を開いても、言葉が出てきません!

頭は真っ白。注文はすごく簡単と言われたのに、、、

恥ずかしく、注文したいメニューに指を差し、ウェイトレスがなんとなく分かってくれます。

このコラムを読まなかったら、そのような経験をするかもしれません。でもこれからお教えするレッスンでは、アメリカのレストランで無事に英語での注文方法がわかります。

海外旅行する知り合いがいましたら、シェアしてください!このコラムがきっと役に立ちます!

アメリカのレストラン:

ネイティブが実際に使う簡単な英語での注文方法

実は、英語で注文することは意外と簡単です。何よりも大事なのは、完璧に話さなくてもいい!ということです。間違えてもいいし、間違えることを通して自分の英語力が伸びるのです

ですからどんな場面でも、

心配はいりません。楽しめば楽しむほど英語が話せるようになるのです。

この場面では、「アメリカのレストランで注文できる」体感を楽しみながら英語を話してみてください。

ウェイトレスが「注文してもいいです」のシグナル

ウェイトレスは、注文したドリンクを渡してから、次に料理の注文を承ります。その時にはウェイトレスは、こんなフレーズを使います。

「Are we ready for food?」

「Have you decided yet?」

「What can I get for you?」

言葉をそれぞれ聞き取れなくても大丈夫です。ポイントは、ウェイトレスがドリンクを渡したら料理の注文の番になるということです。

ちなみに:

ウェイトレスはさっき「we」を使いましたよね。なぜかというと、「we」の方が自分の仲間として受け入れ、とてもフレンドリーになるからです。

時間が必要

でもたまにメニューが多すぎて、注文したいものをまだ決められないこともあります。

その場合は、こう言えます。

「We’re still deciding.」

「Can we have a minute more?」

このフレーズは「ちょっと待ってくださいね」という意味で、とてもフレンドリーです。

注文すること

注文する料理を決めたら、注文する時です!ウェイトレスの目線に合わせると、ウェイトレスは近づいてきます。

注文の仕方は意外と簡単です。こんなフレーズが使えます。

「Can I get the (メニュー), please?」

「I’d like the (メニュー), please.」

これ以上丁寧な言い方なんて必要ないです。ネイティブなら、いつもこんな風に注文するのです。

前菜を注文する

前菜なら、英語での注文方法が少し違います。前菜はメインの前に来るので、

「Can we start off with the (前菜)?」

がぴったりです。

メニューの読み方がわからない時に、、、

英語のスペルは、読むのが難しく思いませんか?でも発音がわからなくても気にしないでください!僕も日本で暮らした頃、メニューの日本語の読み方がわからないことがよくありました。

その場合、メニューをさしながら「このメニューどう読みますか?」と聞きました。あなたも、同じような場合で同じようなフレーズが使えます。

注文したい料理をさしながら、、、

「How do you pronounce this?」

と言えます。

恥ずかしくなる必要はありません。こんな場合にこそ自分の読む力と発音力がぐんと伸びるのです。どんどん間違えながらチャレンジしましょう!

オススメを尋ねる

どうしても料理が決められない場合、直接ウェイトレスにオススメを聞いて頼むことができます。

もしステーキみたいな物を食べたいけど、どれがいいか分からない場合、ウェイトレスに対してこんなフレーズが使えます。

「I’m feeling (steak) today. What do you recommend?」

「I’m in a (steak) mood today. What do you recommend?」

どちらの文章も意味は同じですが、一つ目のは、なんとなく違和感があると感じるかもしれません。しかし、ネイティブにとっては自然な文です。。ですので、、その文章を一つとして覚えてください。

自分の気に入りそうな料理があったら、「I’ll have that!」と言えます。

ポイント:「that」は相手が言ったことを指すので、「I’ll have that」と言います。

さあ、英語での注文はどうでしたか?表現がたくさんありますが、自分で練習すればきっと自然に使えるようになります!

練習:ここで学んだことを無駄にしないで!!!

このコラムで学んだことを確実に使えるようになるには、練習が必要です!

実際に自分がアメリカのレストランで座ってることを深く想像してみてください。

そしたら、フレーズをスムーズに言えるようになるまでそれぞれ口に出してみてください。

 

アメリカに旅行する予定のお知り合いはいませんか?ぜひこのコラムをシェアしてください。

あなたは、アメリカのレストランでの英語に関して聞きたいことはありませんか?ぜひコメント欄で話しましょう!

 

アーサーより

Add a comment

*Please complete all fields correctly